凡人が成功するためにはどうすればいいか。YouTuberのイングリッシュおさる氏は「僕は記憶力も語学のセンスもないが、オンライン英語指導で年商11億円を稼げるようになった。才能がなくとも人一倍集中して努力すれば、道はひらける」というーー。

※本稿は、イングリッシュおさる『先が見えない時代の「お金」と「幸福」の黄金比 最短最速で結果を出して幸せに生きる! 新しい「お金の思考法」』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/shironosov
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/shironosov

■半年でTOEICを600点上げ、英語教員になった

僕は中高時代、部活に明け暮れてまったく勉強をしていませんでした。系列の大学に進学したものの、勉強をしてこなかったことに焦りを感じ、高校時代に一番成績がマシだった英語からなんとかしようと思いました。

手始めにTOEICの模試を受けてみたところ「280点」という悲惨な得点を叩きだしてしまいました。マシなはずなのに280点(笑)。

でもそこから猛勉強をはじめ、半年後に900点を取り、3年次には970点をマーク。英検1級も合格することができました。

卒業後はそのまま英語の教師になりました。両親・きょうだいもほぼ全員が教員という教員一家でしたから、自分としてはそれが自然の流れだったのです。

ところがこの教員生活がとんでもない地獄の日々だったのです。朝4時起きで出勤し、帰りは夜の10時。土日も出勤があって満足に休めません。

■時間外労働が月150時間を超えても手取り18万円

なんでこんなに時間を取られるのかというと、やるべき仕事が多すぎるからです。それも生徒の生活指導や部活指導、保護者対応など、英語と関係ない仕事が8割。学校が荒れていたこともあって、授業以外のことに忙殺されるのです。

時間外労働が月150時間を超えていました。時間外労働は月80時間を超えると「過労死ライン」といわれるそうですが、その倍なのですから、いかにひどい労働環境か、想像いただけると思います。

英語が好きで教えることも好きだったけど、そんなことは全部頭から飛んでしまい、心身ともに消耗するだけの毎日でした。

しかもこんなに働いて給料は手取り18万円。若かったし、親元から通っていたからなんとか生活はできていたけれど、このままではいずれ限界・破綻が来ると思いました。

■自分の時間という資源を切り売りした副業は限界がある

どうにかこの状況を抜け出したいと、転職・副業を考えました。最初にやったのが誰でも思い付くであろう「メルカリでの不用品販売」です。自分の読み終わった英語の本などを売り始めたのですが、当然ながらすぐに売るものが底を尽きます。

そこで僕は猿だけに(⁉️)、思考を進化させて「無限に商品を売るにはどうしたらいいか」ということを考えました。そこで次にやったのが、自作の英語の教材を販売することでした。注文が入るとプリントして送るのです。これで理論上は無限に商品を作れます。

ところがインク代、紙代、メルカリの決済手数料などの経費、「印刷をして梱包して送る」という手間を考えると「少しマシなバイト」程度でした。

次にやったのが「ココナラ」での英語の指導でした。30分1500円などで英語を直接指導するのです。

しかしこれは僕の時間という資源を切り売りすることなので、結局は限界がありました。

■YouTubeの英語指導で月商3.6億円を稼いだ

ここにきて「自己流ではダメだ」と悟った僕はSNSマーケティングを本格的に学び、YouTubeチャンネルを開始。このときはまだ教員だったので顔出しするわけにいかず、お面をかぶって撮影をしました。そのまま今日まで「おさる」としてやってきています。

YouTubeも最初は下手くそでどうにもならなかったけど、回を追うごとに上達。と同時にフォロワーもどんどん伸びていきました。

「これはイケそうだ」と思った時点で教員を退職し、「英語の個別コーチング」を開始しました。これが当たって2カ月目で売り上げ380万円、3カ月目に550万円、5カ月後には2500万円と倍々ゲームで売り上げが伸びていきました。

写真=iStock.com/mapo
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/mapo

最初は個別で教えていたのですが、すぐに人数が上限いっぱいになってしまうので、途中から1対多数で指導できるスクール方式にしました。

スクール化にあたっては得意の英語を生かして海外のSNSマーケティングを学び、日本人に合うようにアレンジして取り入れていきました。

ここからはもう自分でもわけがわからないぐらいに稼げるようになりました。起業して1年目に月商3.6億円を達成することが出来ました。法人化1期目で年商5.2億円(税引き前純利益4.7億円)、2期目で年商11億円(同10億円)を上げています。

僕のビジネスは仕入れもないし、経費もほとんどかからないため、利益率は95%以上です。

何よりも僕にとって励みになったのは「やればやるだけ成果となって表れる」ということです。

教員時代はどれだけ働いてどれだけがんばっても手取り18万円は変わりませんでした。でも起業してからは、自分の行動量がダイレクトに結果に反映されるのです。それはもう快感でしかなかったし、完全に夢中になっていました。

■「自分のスキルを売りたいが…」と悩む人たちに出会う

英語のオンラインスクールが軌道に乗ると、ネットを通して、ビジネスをしている人と横のつながりができるようになりました。

そこでいろんな人と交流するうちに「自分のスキルを売りたいがどう売っていいかわからない」「○○を教えたいけれど、集客の方法がわからない」「商品の単価が安くて利益が上がらない」という悩みを持っている人が多いことに気づきました。

そこで思ったのは僕がやってきたことをシンプルにマネすれば誰でも稼げるようになるのではないかということです。そこで「YouTubeマーケターおさる」として、マーケティングの方法を教える講座をスタートしました。

■あっという間に英語ビジネスの売上を超えた

こちらは英語と同じ方法でいいので、ラクにビジネスを展開することが出来ました。最初からもうみなさんの食いつきがすごくて、あっという間に英語ビジネスの売り上げを超えてしまいました。

講座を受講してくれた人はほとんどが成果を出しています。月に数百万円〜数千円、さらには数億円の売り上げ・収益を上げる人も続出しています。

5年前まで手取り18万円の貧乏教員だった僕ですが、英語の知識という自分のスキルを販売することを思いつき、情報発信をして集客し、最終的にオンラインスクール化したことで、たった1年で月商3.6億円を稼ぐことができました。

■人が1日3時間やるなら、頭が悪い自分は10時間やる

僕は頭がいいわけでもないし、ビジネスの才能があるわけでも何でもありません。資金もなかったし、SNSもフォロワーも0から手探りではじめました。

イングリッシュおさる『先が見えない時代の「お金」と「幸福」の黄金比 最短最速で結果を出して幸せに生きる! 新しい「お金の思考法」』(KADOKAWA)

じゃあ何があったのかというと、「ひとつのことに長時間集中してコミットした」という、それだけです。

半年でTOEIC280点が900点を取れたのもそれです。僕は記憶力も悪いし、語学のセンスもありません。自分のまわりを見ても語学のセンスがある人がいっぱいいて、それに比べると自分は全然ダメだといつも思います。

でもだからこそ、「ひたすらやりこむ」しかなかったのです。

シンプルに人が1日3時間やるところを10時間やれば人より3倍速く進められるという、そえだけのことです。

逆に言えば、それさえやれば特別な才能や特技がなくても、誰でも一つの分野を極められると思っています。

だから今もハードワークがセンターピンです。ジム、サウナ、食事時間以外はずっと仕事をしている感じです。1日12時間働いていることもザラにあります。

受講生からの問い合わせにも即レスするので「おさるは7人いる」「おさるは寝ないで24時間働く」というウワサが流れたぐらいです(笑)。

もちろん寝ているし、息抜きもします。分身の術も使えないし、超人なんかじゃありません。自分の中では仕事をしていることがデフォルトで、その合間にジムに行ったり食事をしたりする……という感じです。

お金を使うヒマもありません。だから自然と資産が残ります(笑)。でもそれこそが「お金持ち」への道なんじゃないかと思っています。

----------
イングリッシュおさるYouTuber
英語教員の傍ら、YouTubeチャンネルを開設。その後、退職して起業。「英語コーチ-イングリッシュおさる」「YouTubeマーケターおさる」登録者数は合計40万人超。英検1級、TOEIC970点。著書に『元・手取り18万円の貧乏教員が起業1年で月商3.6億円を達成したSNSマーケティング術』(宝島社)、『先が見えない時代の「お金」と「幸福」の黄金比 最短最速で結果を出して幸せに生きる! 新しい「お金の思考法」』(KADOKAWA)がある。
----------

(YouTuber イングリッシュおさる)