「粗品くんが言ってたことに関して、怒ってないんですよ。もう僕も54になりましたし、大人なので」

4月18日に更新したYouTube動画で、こう語ったのは宮迫博之(54)。冒頭で「これ緊急に撮ってます」と切り出し、粗品(31)からディスられたことに猛反論した。

事の発端は、12日放送の『酒のツマミになる話』(フジテレビ系)でのトーク。ゲスト出演した粗品は「YouTuberおもんないっすよね?」と私見を述べ、「芸人やのに『YouTuberおもろい』って言ってる奴もめっちゃ嫌い」と不快感をあらわにした。

大悟(44)に「おる?そんな奴?」と聞かれると、「僭越ながら、宮迫とか」と呼び捨てに。さらに、「先輩じゃないっすよ、あいつ。もう辞めてんから」「先輩ちゃう。あんなもん」とバッサリ。ノブ(44)に「芸道の先輩や」と嗜められるも、「いえ全然。おもろかったらね」と否定していた。

こうした粗品の発言にカチンときたのか、宮迫は動画内で「会社の方をですね、クビになった。吉本興業さんの方から出てしまったのは事実ではありますけども。YouTubeもちろん始めてますが、なんですか。会社を辞めたらもう芸人ではなくなるんですか?」と追求した。

続けて、「30年以上、舞台等、テレビ等で頑張ってきました。あなたが言うところの売れている状態。冠番組もありました、人気番組たくさん携わってきました」とかつての活躍をアピール。“自分の方が年齢や芸歴も20年以上、上回っている”といい、興奮しながらパンチを繰り出す仕草を見せていた。

そんな宮迫は、「別に芸人を辞めたわけではない」「芸人としてYouTubeをやらせてもらってます」と主張。いっぽうで地上波には5年以上出演がないことから、番組内で自らの名前を出してもらえたことに「色褪せていかないってことが今起こっているので、すごく感謝しています」とも語っていた。

また粗品が出演した放送回には、元相方の蛍原徹(56)も出演していた。宮迫はそのことにも触れ、「粗品くんはプロレスを仕掛けてるわけですよ」と解釈。粗品がYouTuberをめぐる論争のきっかけを作り、そのことで動画が増えるなどすると見越しての発言だったのではないかと推測していた。

自らが芸人であることを熱く語っていた宮迫は、動画の最後で「焼肉屋さんのオーナーとしては、結構上位ランクで面白い、いや芸人ちゃうんか?」と自負。その上で、自らの“肩書き”についてこうアピールしていた。

「YouTuberじゃない。そもそも焼肉屋のオーナーであり、オムライス屋さんの監修であり、もうぶっちゃけ俺、歌手です。そう考えたらすごく面白いと思うんです」

■YouTube活動も厳しく、いまだ尾を引く相方・蛍原への“裏切り”

動画内では「怒っていない」としつつも、粗品に掴みかかる仕草をしながら「スプーンに写った小栗旬じゃなくて小栗旬にしてやるからなぁ〜!」と何度も息巻いていた宮迫。だが肩書きが“ブレブレ”であったように、現在はYouTube活動が軌道に乗っているとは言い難いようだ。

「チャンネル開設当初は100万回再生を超える動画がいくつもありましたが、最近ではそうした勢いはありません。3月末に投稿された田代まさしさん(67)とのコラボ動画は82万回再生に達するも、その他の動画は10万回前後の再生回数を行ったり来たりしています。

今回の動画では自らが営む焼肉店をアピールしていましたが、蛍原さんや出川哲朗さん(60)が“まだ来店していない”と恨み節も。そもそも蛍原さんは、地道に舞台やライブ活動を行っていくことで再びコンビで活動していくことを望んでいました。ですが宮迫さんが勇み足でYouTube活動を始めてしまい、しかも蛍原さんには事後報告だったといいます。相方を裏切ったかたちとなり、結果的にコンビは解散。

また昨年6月には陣内智則さん(50)が、宮迫さんに『どうしたら芸能界に戻れると思う?』と相談されたと明かしていました。宮迫さんからすると、後輩にあたる粗品さんにボロカスに言われてプライドを傷つけられたのでしょう。とはいえ世間では、今の宮迫さんをYouTuberだと見る向きが強いと思われます」(芸能関係者)

粗品に芸人であることを否定され、思いの丈をぶちまけた宮迫。しかしながらネット上では同情は少なく、冷ややかな視線が集まっている。

《「緊急で」ってYouTuberは良くいいますよね。芸人ではなくYouTuberでしょうね》
《そもそも今現在、「芸人」だと名乗れるようなことしてたっけ コンビも解消してるし、お笑い“芸”もしてないなら本質的に芸人ではないのでは?》
《この方は今も芸をしているのだろうか。自分がいまも芸の道を磨いているのであれば胸を張って芸人を名乗ればいいだけだと思うし、芸の道を離れているのであれば第三者の目には元芸人ですね》
《宮迫が粗品に対して動画アップしたやつ見たけど心底ガッカリしたわ 笑いの取り方がもうYouTuberのそれやん YouTuberと一緒に居りすぎてYouTuberレベルになってしもとる》