4月16日にカタールで開催された、パリ五輪・アジア最終予選を兼ねたアジアカップのグループステージ初戦で、U−23日本代表が中国と対戦。苦しみながらも、1−0で勝利を収めた。

 大岩ジャパンは開始8分、右サイドの山田楓喜が送り込んだ正確なクロスを、松木玖生が左足で押し込み、先制点を奪う。

 しかし17分、ボールのないところでCBの西尾隆矢が振り上げた左腕が中国の10番ジア・フェイファンに当たるような恰好になり、オンフィールドレビューの末にレッドカード。早い時間帯で数的不利となる。
【動画】西尾がまさかの一発レッド
 その後は、押し込まれる展開となったものの、GKの小久保玲央ブライアンは好セーブを連発。終盤は中国がいい形を作れなくなってこともあり、1点を守りきった。
 
 一方、数的優位での完封負けに、中国のファンは憤慨。インターネット上では、次のような声が上がっている。

「アマチュアすぎる」
「中国のサッカーが台無しにした」
「11人対10人でも抑え込まれた。どうしたらいいんだ」
「スピードも技術もなく、個人的な能力も乏しい」
「日本代表はあと1人退場者を出したとしても得点はできないだろう」
「本当につまらない」
「自分たちが何をしているのか理解していない」
「日本が9人でも勝てない」

 絶好のチャンスを逃してしまったと考えるファンが少なくなかったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部