現地時間4月16日、カタールで開催されているU-23アジアカップのグループステージ第1節で、大岩剛監督が率いるU-23日本代表は中国と対戦した。

 パリ五輪のアジア最終予選を兼ねる同大会の初戦で、大岩ジャパンは8分、右サイドの山田楓喜のクロスに飛び込んだ松木玖生がダイレクトでネットを揺らして先制点を挙げた。

 しかし、17分にアクシデントが発生。ボールのないところで西尾隆矢が振り上げた左腕でジア・フェイファンを倒すような恰好に。VARが介入し、オンフィールドレビューの結果、西尾はレッドカードを受けて退場となってしまった。

 一人少ない状況となった日本は38分、タオ・チャンロン強烈なミドルを浴びるも、クロスバーに救われた。さらに42分にも、右からのクロスをベイヘラム・アブドゥワイリにヘッドで合わせられたが、GK小久保玲央ブライアンの好守で凌いだ。このまま1点をリードして前半を終える。
【動画】山田楓喜のクロスから松木玖生が先制弾!
 後半に入り47分、カウンターからシエ・ウェンノンに抜け出されてGK小久保と1対1となるピンチを迎えるも、日本の守護神がセーブした。

 62分、こぼれ球を拾った松木が左サイドへ展開。パスをもらった平河悠がドリブルで仕掛けて鋭いクロスを供給するも、ゴール前の細谷真大には合わない。

 71分には、敵陣中央でFKを得る。松木が強烈なキックで狙ったが、GKリー・ハオにセーブされた。

 その後スコアボードは動かず、このまま1−0で終了。勝利した日本はGS白星スタートとなった。次戦は19日にUAEと激突する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部