【AFP=時事】ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、モスクワで著名人らが「ほぼ裸」のパーティーに参加して羽目を外したことに非難が殺到している。

 パーティーは20日、ナイトクラブ「ムタボル(Mutabor)」で開かれた。拡散した動画には、下着や扇情的な衣装をまとった参加者が捉えられている。ラッパーのバシオ(Vasio)は性器に靴下をかぶせただけの姿で登場した。

 国営タス通信によると、バシオは逮捕され、「ゲイのプロパガンダ」を広めるなど同性愛宣伝禁止法に違反したとして懲役15日の刑を言い渡された。

 主催者のアナスタシア・イブレワ(Anastasia Ivleeva)氏は27日、謝罪動画を公開し「立ち直りのチャンス」が認められるよう訴えた。

 同氏に対してはしかし、10億ルーブル(約15億6000万円)をウクライナ侵攻を支援する慈善団体に寄付するよう求める集団訴訟が提起された。国営テレビ司会者のウラジーミル・ソロビヨフ(Vladimir Solovyov)氏はテレグラムに、「(ウクライナ南部の前線)トクマク(Tokmak)のロシア兵に暖房器具と無人機を送ってくれ」と投稿した。

 外務省のマリア・ザハロワ(Maria Zakharova)報道官は「(パーティー)参加者は自分たちのためにも事の重大さを悟り、改心すべきだ」と述べた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
「もっと兵士を産め」 ロシアで中絶阻止の動き強まる
平和主義掲げる独立系候補、ロシア大統領選への出馬認められず 新党結成へ
ロシア揚陸艦撃沈、前後の画像公開