一方で理解も…「FAの話題を少ないものにしたいのなら、それは権利だ」

 エンゼルスからFAとなった大谷翔平投手の去就を巡っては、代理人を務めるネズ・バレロ氏が各球団に緘口令を敷き、情報が錯綜している。メジャー史上最高額となる6億ドル(約880億円)とも言われる争奪戦が予想されているが大谷自身は姿を現さず、沈黙を貫く。米放送局「FOXスポーツ」のアナリストを務めるジェイク・ミンツ記者は「オオタニの退屈なFAはMLBにとって大きな損失だ」と私見を述べた。

「球界で最大の関心事はお化けのようだ。近いうちに米国のスポーツ史上最大の契約を手にするショウヘイ・オオタニは、自身のFAを活気のない、無情なものにしてしまった」と同局は指摘する。

 大谷サイドのこの“秘密主義”が「スポーツ界で最も人の心をつかんで離さない話題を、無価値で眠くなるようなことにしてしまった。オオタニは今まで市場に登場した選手で最もワクワクさせる選手なのに、彼のFAは全くもって退屈なものになってしまった」というのだ。

 さらに「代理人は契約交渉になると一定のプライバシーを保つが、(同時に)世の中に一定のざわつきも許す。クライアントの人気が保たれるからだ。人気は力で、力は影響力で、影響力は金だ。しかしオオタニは非常に人気があるため、バレロ代理人はクライアントの望みや交渉状況を開示した方がいいという動機は起きない。理解できることだけど、残念なことだ。結局のところ、エンターテイメントだからだ」と分析した。

 一方で「オオタニはこのスポーツに対して“借り”はない。野球界の成長に必要以上に貢献してきた。FAの話題を少ないものにしたいのなら、それは彼の権利だ。そして彼はお金を必要にしていない。何が起きようと、雇用主から大金を受け取るのは間違いない」と大谷側の考えにも理解を示した。(Full-Count編集部)