宝塚女性団員死亡「過労死の番人」と呼ばれる弁護士が今後も厳しく追及か

ざっくり言うと

  • 宝塚劇団員が死亡した問題で遺族側が開いた会見を、女性セブンが取り上げた
  • 遺族の代理人を務める弁護士は、多くの過労死問題に取り組んできたという
  • この弁護士が過重労働などの点でも劇団を追及していくのだろう、と記者
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。