煮もののレシピには、似たようなことばがよく用いられます。たとえば「ほとんど汁けがなくなるまで」「汁けがなくなるまで」では、同じようでちょっと意味合いが異なります。

ここでは、煮ものの仕上がりのおいしさを分ける表現の違いを解説。女子栄養大学で教鞭をとる料理家・今泉久美先生に教えてもらいました!

 屬曚箸鵑表舛韻なくなるまで」はどれくらい?


鍋やフライパンを傾けると、煮汁が少量たまるくらいまで煮た状態。汁けを残すことによって、火からおろしてさめるまでの間に味がさらによくしみ込むんです。

たとえば、作り置きのできる「ひじき」や「切り干し大根」の煮ものなどをうまく作る際に覚えておきたい言葉。

煮ている最中、汁けが減ってくると煮汁が表面から見えにくくなるので、ときどき鍋やフライパンを傾けて、残った煮汁の量を確認するのがポイント。
煮汁がフライパンの端に少したまる程度まで煮詰まったら、火を止めます。
そのままさませば、味がよくしみた煮ものが完成します!

◆崕舛韻なくなるまで」はどれくらい?


煮汁がほぼなくなるまで煮た状態で、「ほとんど汁けがなくなるまで」よりもさらに汁けが減った状態を表します。
煮汁が完全になくなるまで煮ると焦げつくので、この状態になったらすぐに火からおろすのがポイント。

例えば、かぼちゃやじゃがいもの煮ものなどによく用いられる表現です。
煮汁が鍋の底1僂らいになったら注視し、鍋肌にじゃがいものでんぷんがくっつき始め、表面が粉を吹いてきたらすぐに火を止めます。
この汁けが鍋に残っていない状態が、ほっくり感のあるおいしい煮ものとなります。

食材に合わせた、最後のちょっとした汁けの違いが、煮ものがおいしく仕上がるポイントなんです。
煮ものを作るときのレシピの言葉、あなたは合っていましたか?

(『もう迷わない! レシピのことば』オレンジページ刊より)

関連記事

水から? お湯から? 『じゃがいも』はゆで方によって食感が変わる
ほうれん草の簡単なゆで方&絶品副菜レシピあり