【AFP=時事】米科学誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ(Bulletin of the Atomic Scientists)」は24日、人類が滅亡するまでの残り時間を象徴的に示す「終末時計(Doomsday Clock)」の針を、これまでで最短となる「残り90秒」に設定したと発表した。

 針は2020年1月から残り100秒に据え置かれていたが、今年はロシアによるウクライナ侵攻で核兵器使用の可能性が浮上したことや、気候変動リスクの継続を理由に10秒進められた。

 同誌のレイチェル・ブロンソン(Rachel Bronson)社長兼最高経営責任者(CEO)は「われわれはかつてなく危険な時代に生きており、終末時計はその現実を反映している」と述べた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ロシア、核戦力を強化へ プーチン氏が表明
ウクライナ侵攻で核戦争の悪夢再び 「核の傘」ほころび懸念
核使用は「報復」時のみ プーチン氏が言明