PK戦が今、にわかに注目を集めている。

 引き金となったのは、言うまでもなく、先に行なわれたワールドカップ。ドイツ、スペインを破って決勝トーナメントに進出した日本が、最後はクロアチアにPK戦で敗れてしまったことがきっかけだ。


カタールW杯の決勝トーナメント1回戦、日本はPK戦の末、クロアチアに敗れた

 日本は、過去にも大きな大会でPK負けを喫したことがある。

 ワールドカップでは2010年南アフリカ大会決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦、五輪では2000年シドニー大会準々決勝のアメリカ戦がそれだ。

 だが、いずれの時も、今回ほどPK戦に対する世間の関心(風当たり、と言ってもいいかもしれない)が高まることはなかった。それだけ今回のワールドカップは注目されていたのだとも言えるが、PK戦での"負け方"に違いがあったことも少なからず影響しているのかもしれない。

 というのも、過去2回のPK戦敗退例を振り返ると、どちらのケースでも日本のキッカーはひとりしか失敗していない。パラグアイ戦は駒野友一、そしてアメリカ戦は中田英寿だ。その失敗にしても難しいコースにボールを蹴り、それがゴールポストやバーに当たったものだった。

 ところが今回は、日本のキッカー4人のうち3人が甘いコースにボールを蹴り、相手GKにあっけなくセーブされての"惨敗"。大きなショックとともに、多くの人の印象に残ったのも無理はないのだろう。

 また、ワールドカップ閉幕からほどなく、全国高校サッカー選手権大会が行なわれたことも、日本代表のPK戦敗退がもう一度脚光を浴びる要因となったかもしれない。

 高校生たちが相手GKの届かないコースに強いボールをしっかりと蹴り、見事にPKを決めていく様は日本代表選手とは対照的で、非常に頼もしく映ったからだ。

 実際、選手権で見る高校生たちは、とてもPKがうまかった。「現場で見ていて驚いた」とは、日本サッカー協会の反町康治技術委員長の弁だ。

 この大会でPK戦までもつれ込んだ試合は全部で12、つまり、PK戦で勝ち上がった高校は延べ12校あったが、うち9校が全員成功(残る3校にしても、失敗はひとりだけ)。そこでは、ひとりの失敗も許されないほどのハイレベルな攻防が繰り広げられていたのである。

 もちろん、プロと高校生とを一概に比較することはできない。

 高校総体にしろ、選手権にしろ、主な大会がトーナメント戦で行なわれる以上、高校生にとってのPK戦は多くの時間を費やしてでも準備する価値のあるものだが、シーズンを通じてのリーグ戦が主な戦いの舞台であるプロは違う。

 いつ訪れるかもわからないものへの準備に多くの時間を費やす必要があるのか。それよりも前にやるべきことがあるのではないか。その発想には一理ある。

 とはいえ、日本はこれまでワールドカップの決勝トーナメント1回戦で4回敗れ、ベスト8進出を逃してきているが、そのうち2回がPK戦敗退。つまり、決勝トーナメントに進出した時には、2回に1回の確率で勝負がPK戦に持ち込まれているのである。

 だとすれば、日本代表でもPK戦のための準備がもっと必要なのではないか。そうした議論が起きるのは当然の流れだろう。

 そんな折、PK戦対策を考えるうえで参考になる話が聞かれたのは、1月14日、15日に開かれたJFAフットボールカンファレンスでのことだった。

 このイベントは、日本サッカー協会が全国の指導者に向けて、先のワールドカップを振り返っての分析結果をフィードバックするものだが、そこにゲストスピーカーとして招かれたオランダ代表GKコーチ、フランス・フックの話が実に興味深かったのだ。

 フックコーチによれば、オランダ代表は当初、ワールドカップ登録メンバー26人のなかに「ゲーム用に3人、PK用に1人のGKを入れることを考えていた」。

 そのために6人のGKを集めて、「リーチやジャンプ力の測定に加え、相手が蹴ったあとに、どれくらいのスピードで上下左右に動けるかのテストを行なった」。過去にワールドカップ出場の経験もあるベテランGK、ティム・クルルらがPK用GKの候補だったという。

 最終的には、チームのエースストライカーであるメンフィス・デパイのコンディションに不安があり、万一に備えてFWの数を増やすためにGKは3人体制になったというが、なかなか興味深いPK戦対策である。

 また、PK練習についても、ワールドカップ期間中には「(登録メンバーを)4チームに分けて、毎日やっていた」とのことで、オランダ代表がいかにPK戦を重視していたかがうかがえる。

 もちろん、そうした対策が必ずしも結果に結びつくとは限らない。

 事実、オランダは準々決勝でアルゼンチンにPK戦の末に敗れている。しかも、「練習では1本もミスしていなかった」(フックコーチ)という、キャプテンのフィルジル・ファン・ダイクが失敗してのPK負けである。

 せっかくの準備も無駄だった、のもかしれない。

 それでもフックコーチが、「勝てる保証はないが、成功する確率を上げることはやるべき。自分たちは最善を尽くした」と話すように、PK戦というルールが厳然として存在し、その結果次第で勝ち上がれるか否かが決まる以上、何らかの対応策を講じる必要があると考えることは、決して不自然なものではないのだろう。

 翻(ひるがえ)って、日本代表である。

「そこまでしてでも、という勝利への渇望があるんだなと思った」

 オランダ代表の事例を聞いた反町技術委員長はそう語り、すぐさま日本代表でも何らかのPK戦対策を施すかどうかについて明言はしなかったものの、「用意して負けるのと、しないで負けるのでは違う。決勝トーナメントに4回行って、50%がPK負け。考えないといけない」と、危機感を口にした。

 PK負けでは、どうしても失敗したキッカーに注目が集まりがちだが、日本がワールドカップと五輪とで経験した計3度のPK戦敗退を振り返ると、日本のGKが相手キッカーのシュートをセーブしたことがない。

 それを考えれば、オランダ代表のようにPKに強いGKを用意するという発想があってもいいのかもしれないし、キッカーの順番の決め方やメンタル的な準備なども含めれば、まだまだやれることはいくらでもあるだろう。

 ただし、PK戦に特化した準備が決して効率のいいものではないのは事実。やれるならやったほうがいいに決まっているが、だからといって、もっと積極的にやるべき、と声高には言いにくいのも確かだ。

 そもそも特別な準備が必要なのか。仮に必要だとして、どれだけの手間や時間をかけてもいいものなのか。

 PK戦で2度も涙を呑んでいる日本としては、その必要性は感じつつも、悩ましいところである。