ユーザーから支持絶大! 「デュアルバックドア」とは

 2022年11月28日に、日産は新型「セレナ」を発表しました。
 
 なかでも、バックドア(テールゲート)には従来モデルから備わる「デュアルバックドア」と呼ばれる機能が備わっていますが、どういった機能なのでしょうか。

日産「セレナ」の便利すぎる「バックドア機能」とは

 セレナは初代モデルが1991年に登場。それから30年もの間、時代とともに家族のためのミニバンとしてファミリー層を中心に高い支持を集めてきました。

【画像】後ろが狭いスペースでも開閉可能! 新型「セレナ」の超便利な「バックドア機能」を画像で見る(50枚)

 今回6年ぶり6代目として登場した新型セレナは、従来の室内空間の広さや利便性はそのままに、移動時の快適性を追求。

 最上位グレード「ルキシオン」を新設定し、先進運転支援システム「プロパイロット2.0」を搭載するなど、さまざまな先進技術を搭載しています。

 そんなセレナには、従来モデルから多くの支持を集める「デュアルバックドア」というバックドア機能があり、今回の新型セレナにも継承されています。

 これはどういった機能なのでしょうか。

 2016年に登場した5代目セレナから備わったデュアルバックドアは、荷室側のドアを通常の方法に加え、バックドア上部のみを開閉する「ハーフバックドア」が設定されており、2通りの方法で開くことが可能にしています。

 これにより、後ろが狭い駐車場や、後ろに止まっているクルマや壁からの距離が近くてもクルマを動かさないままドアの開閉できます。

 この機能について、従来モデルからセレナを支持するユーザーからは、「デュアルバックドア搭載は有能」「これ本当狭いところで助かる」「ホント便利」との好評の声が多く見られています。

 また新型セレナについて、「新型に廃止されるとかないよね?」「この機能は存続希望!」とユーザーからの熱い声が寄せられていました。

 そんなデュアルバックドアは、今回の新型セレナの登場でより使い勝手が向上。

 新型セレナは440mmから470mmのスペースでドアを開閉できるなど、開口時のサイズを見直し、より狭い駐車スペースにおいても使用できるようになりました。

 これは全グレード標準装備されています。

※ ※ ※

 新型セレナの価格(消費税込)は、ガソリン車(2WD)が276万8700円から326万9200円、e-POWER車が319万8800円から479万8200円です。

 なお、ガソリン車は今冬、e-POWER車は来春に発売予定となっており、今後の動きに注目が集まりそうです。