12月7日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系、毎週水曜22:00〜)では、クロちゃん安田大サーカス)の連載企画「MONSTER LOVE」の第4回が放送され、クロちゃんの衝撃の告白にスタジオメンバーが絶句する一幕があった。

同企画は、「クロちゃんのことが大好き」という女性9人の中から、クロちゃんが最終的に1人を選んで告白し、カップル成立を目指すというもの。第4回も残った4人がそれぞれクロちゃんにアピールしていった。

料理が得意なパティシエ見習いのミクがクロちゃんのためにとクッキーを焼く。焼き上がったクッキーを冷ましている間、全員で花火をすることに。共同生活の思い出を語らいながら花火を楽しんだ後、クッキーを食べるために一同がキッチンに戻ると、トレーの上のクッキーが全て粉々にされていた。クロちゃんは「え? 誰がやった?」と戸惑い、不穏な空気が流れるなか、クッキーを焼いたミク本人に疑惑の目が向けられる。

犯人が分からぬまま脱落者の発表の時間に。最下位に指名されたホテルアテンダントのマミは「クロちゃんのこと大嫌いになりました」と言って退場する。その後、別室でのマミの「ここまできたらアイドルになれると思ってたんで」というコメントをきっかけに、クロちゃんのことを好きではない参加女性は「合格するとアイドルになれる」という条件の下、頑張っていたことが明かされる。スタジオでは、松本人志(ダウンタウン)も「(そうでもないと)モチベーションがないもんね」と合点がいった様子。

その後、スタッフがクロちゃんに「今日もいろいろありましたもんね? クッキー事件とか」と水を向けると、クロちゃんは「あれ、やったの僕ですよ」と打ち明ける。「これでみんなの本音がわかったじゃないですか。やってよかったよね。大成功」との予想外の告白にスタジオメンバーは絶句し、浜田雅功(ダウンタウン)は「引いたわ……」、松本も「ちょっと引いたね」と漏らした。

次回は12月14日に放送。