たとえ猫がオスでもメスでも人間の赤ちゃんを見守るようなことをするのは、猫を飼っている人なら経験したことがあるかもしれません。ツイッターでもそのような光景をよく目にしますが、今回ご紹介するラグドールのロイくんは、赤ちゃんを「華麗な手つき」でガードしていると話題になっています。

【動画】危ないニャ…華麗な手さばきで赤ちゃんの進入を防ぐロイくん

その様子を、飼い主のロイ(Roy)くん@ラグドール(@roy201108)さんは、「これ以上は危にゃい!」というコメントと共に、動画で紹介しました。なんとロイくんは、赤ちゃんが行く先が危ないことを知っていて、手を伸ばして赤ちゃんの動きを止めていました。じっと見守るだけでも大変なのに、とっさにこんな動きができるなんて驚きですね!

動画を見た人からは、
「華麗に止めるロイ君素晴らしいです。まだ余裕あったけど、ぶつかったら意味無いもんね」
「優しいね。いいにゃんこだ!」
「こんばんわ〜!頭ゴチンとならんように死守してくれてる。感動」
というリプライが国内外から届き、再生回数は36.9万回、「いいね」は2.9万件にもなりました。

飼い主さんにお話を聞きました。

ーーロイくん、もうすっかり母猫役に徹しているのでしょうか。

「より仲良くなった感じはありますが、母猫ではなく頼れるお兄ちゃんといった感じでしょうか」

ーー赤ちゃん、成長と共に動ける範囲も広がって大変ですね。

「そうですね。危ないものは即撤去、即ガードを心がけています!」

ーーロイくんがいてくれて助かりますか。

「もちろん助かっています!」

ーー机の下に行きたい赤ちゃんを押し留めているのでしょうか。

「息子は机の下のおもちゃめがけて動いているのですが、ロイくんに止められました!ロイくんが本気を出せば、大人でもかないません。力は断然ロイくんのほうが強いです!」

ーー赤ちゃん、止められてから動いていますね。

「実は、息子は喜ぶと今回のように動きます!ロイくんは、こういう時は徹底的に止めにかかります」

ーーしかし、ロイくんは賢いですね。

「実際は自分に近づく息子をこれ以上近づかせないようにストップかけたと思いますが、結果的にファインプレーになりました!」

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)