iPhone15シリーズの、モデルごとの改良点に関する予想を、野村證券のアナリストが顧客向けレポートに記していることが明らかになりました。

改良点が少なすぎたiPhone14の人気低迷を反省か

同レポートには、iPhone15シリーズはiPhone14シリーズとは異なり、Proシリーズだけではなくベースモデルの改良も同程度に行われると記されています。
 
その背景には、新機能を多数採用したiPhone14 Proシリーズの販売台数が全体の65%〜70%と好調なのに対し、iPhone14の改良点はiPhone13と比べて少なく人気が低迷している状況を改善する目的があるようです。

モデルごとの改良点

アナリストは各モデルの改良点について、下記のようになると予想しています。
 

iPhone15とiPhone15 Plus

iPhone15とiPhone15 Plusの有機ELディスプレイは多結晶低温ポリシリコン(LTPS:Low Temperature Polycrystalline Silicon)を継続しますが、ノッチを廃止してDyamic Islandを採用、イメージセンサーサイズはiPhone14 Proシリーズよりも小さいながら、リア広角カメラの画素数が4,800万画素に増加する可能性があるようです。
 

ノッチを廃止、Dynamic Islandの採用(ただし、リフレッシュレートは60Hzのまま)リア広角カメラに、1/1.5インチ4,800万画素イメージセンサー搭載TSMCの4nmプロセスで製造されるA16 Bionic搭載

 

iPhone15 ProとiPhone15 Ultraリア望遠カメラにペリスコープレンズ搭載RAM容量が8GBに増加物理ボタンを廃止し、感圧式に変更

 
 
Source:Investing.com
(FT729)
 
 

あわせて読みたいiPhone14シリーズ 関連特集【速攻予約】iPhone14を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ