11月26日の放送回で、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」(以下、ロイホ)のパンケーキを一流料理人が酷評したとして炎上した『ジョブチューン 〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)。

有名店の一流料理人たちが審査員となり、コンビニや外食チェーン店の商品を試食し合否を厳しくジャッジする企画が人気の本番組。物議を醸した26日の放送では、ロイホの看板メニューであるパンケーキについて、審査員7人のうち6人が「不合格」と判定を下した。

その際、「すごくケミカルな香りがするんですよね」「家でも焼けるんじゃないか」などと辛口なコメントをした審査員に、ネット上で批判の声が噴出する事態となったのだ。

審査員から「パンケーキは変えていった方がいい」とのアドバイスもあったことから、SNS上では《味を変えないで》《伝統を守って!》と望む声が続出。また、《言い方感じ悪かったなぁ》《偉そうで見てて腹立ってくる》と、審査員たちに不快感を表す声も相次いだ。

ロイヤルホールディングスPR事務局の担当者は、本誌の取材にレシピなどの変更は「未定でございます」と回答。また、ネット上の反響に対しては、「数の多さに少し当惑していますが、皆さまのロイヤルホストの伝統や味に対する想いのようなものを受け止めて、これからも美味しい料理とホスピタリティのあるサービスを提供してまいりたいと考えています」と答えていた。

そうした騒動に注目が集まるなか11月29日に、審査員として出演した京都のフレンチレストラン「MOTOI」の前田元シェフがFacebookに胸中を綴った。

前田シェフは《飲食業は本当に素晴らしい業界なんだと知って欲しいと思い出演を決めました》と記し、ノーギャラで出演したという。6時間にも及んだ収録は《事前に誘導や、ヤラセなども一切ありませんでした》と明かし、合否の基準については《このままで文句無く美味しいか、もう少し改良すればもっと良くなるはず、というところで判断しました》とのこと。

他の料理人たちも真剣に向き合っていたといい、《本当に美味しい料理は皆さん大絶賛でしたし、不合格の料理でもそれぞれのシェフがアドレスされており、商品開発会議のような雰囲気でした》と振り返った。しかし、実際に放送された映像は異なったようで、《批判を誇張する演出は残念であり、飲食業が魅力的な業界だとは感じることができませんでした》と苦言を呈したのだった。

■今年の元日にはコンビニおにぎりを口にしなかったシェフが炎上

本番組をめぐっては、今年の元日に放送されたお正月SP「セブン‐イレブン・ファミリーマート・ローソン×超一流料理人」で炎上したことも記憶に新しい。

審査員である料理人のひとりが、ファミリーマートの「直巻和風ツナマヨネーズおむすび」を食べずにジャッジしようとしたことが物議を醸した。放送終了後、料理人の店のレビューやYouTubeチャンネル、SNSのコメント欄が荒らされる事態に。なかには批判の域を超えるような、心ない言葉も散見された。

この事態を受けて放送から3日後、番組公式Twitterは《この度の番組出演者、番組とは無関係のお店に対してのSNSをはじめとする 誹謗・中傷、迷惑行為は お止め頂きたくお願い申し上げます》と呼びかけていた。

そうした経緯があったにもかかわらず、起きてしまった再びの炎上。そこで本誌は11月30日、TBSに「パンケーキの騒動をどう受け止めているか」「視聴者からどのような意見が寄せられているか」「演出に対する前田シェフの苦言をどう受け止めているか」「料理人たちが相次いで批判にさらされることに、対策はあるのか」との質問をFAXにて送った。

回答期限を12月2日の15:00までとしていたが期日までに回答はなく、改めて5日午前に電話で確認すると「回答することはございません」とのことだった。

矢面に立つ料理人たちを守ることも、番組の“責任”ではないのだろうか。