12月に入ってクリスマスツリーの飾り付けをする家庭が増えてくるだろうが、猫を飼っている家では注意が必要のようだ。このほどイギリスのある女性がクリスマスツリーの飾り付けをしたところ、飼い猫によってツリーが無残な姿になってしまった。しかし女性のクリスマスツリーは多くの人に笑いをもたらすこととなった。『Tyla』『The Mirror』などが伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

英ロンドン在住のステファニー・ヴァイオレットさん(Stephenie Violet)が先月30日、TikTokに投稿した動画が話題になっている。ステファニーさんは最近クリスマスツリーを部屋に飾ったが、彼女の飼っている猫“ローラ(Lola)”に台無しにされてしまったのだ。

動画には、クリスマスツリーの枝を集めてゴミ袋に入れる不機嫌そうなステファニーさんの姿があった。彼女は枝を片付けながら「なんでクリスマスも始まっていないのにツリーを片付けてるんだって? 理由はこれ!」と言いながら寛いで横になっているローラにカメラのレンズを向けた。

どうやらローラがクリスマスツリーにいたずらをしてしまったようで、ほとんどの枝が幹からもぎ取られて無残な姿になってしまった。しかしステファニーさんは枝がほとんどなくなったツリーを苦肉の策で修復したようだ。

動画には、上部だけ枝が生い茂っているものの下の部分には全く枝がなく、剥き出しになっている幹に申し訳ない程度にクリスマスライトが巻きつけてあるツリーがあった。変わった形をしたステラファニーさんのツリーにはこのような声があがった。

「泣けちゃうねぇ。クリスマスツリーがミニスカートみたいになっちゃうなんて、不意を突かれた感じだよ。」
「なんて、天才的なアイデアなんだろう(笑)うちの生後9か月の子猫と一緒に同じように作ってみようかな。」
「うちは子猫と2歳の子に速攻で壊されたので、今年はツリーがないの(笑)」

多くの人がローラによって変わり果てたクリスマスツリーの姿に笑いが止まらなかったようだ。また猫を飼っている人たちからは「気持ち分かるよ。うちは11匹飼ってるもん」「うちも去年やられた」といった共感する声も多数寄せられた。ステファニーさんは動画の最後に「もし、ツリーの上まで登って来ちゃったらどうしていいか分からないわ、もう無理!」と言って締めくくっている。

様々なオーナメントが吊るされたクリスマスツリーは猫にとって格好の遊び道具となってしまうようだが、コメントの中にはツリーに猫が寄って来ないようにする方法として「数日毎にツリーに柑橘系の匂いをつけるといいよ」「幹の周りにアルミホイルを敷くといい」といったアドバイスもあった。しかしながら今回のローラのいたずらは、多くの人を笑顔にしたのは間違いないようだ。

画像は『Tyla 2022年12月1日付「People are losing it over woman’s Christmas tree after she got fed up with her cat attacking it」(Credit: TikTok/@stephenieviolet)』『steph 2022年11月30日付TikTok「LOLA 1 - 0 STEPH」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)