ある小学生が宿題で書いた作文が「面白い」「才能が詰まってる素晴らしい文章」などと、ツイッターで話題になっている。短編小説「ショートショート」を作るという宿題で書かれた、消しゴムを題材にした物語だ。感動した父親がツイッターで紹介し、大きな注目を集めた。

J-CASTニュースは2022年11月29日、作文を紹介した父親のnakashin(@Fill_no_bass)さんに執筆背景を取材した。

「いろいろな、文ぼう貝屋さんにうらえてます」

nakashinさんは、ネットメディア「ダ・ヴィンチWeb」で育児漫画「わが家は小さめの生き物に侵略されています」を連載している。小学4年生の娘と2歳の息子を持ち、娘が2歳のころから日記を兼ねて子供たちの漫画を描いている。本業はデザインに携わる会社員で、副業で漫画を描いている。

今回話題になったのは娘の作文だ。取材に対しnakashinさんは、娘の「趣味は絵を描くことで、時間さえあればゲームのキャラクターの絵などを描いています」と紹介する。

11月26日、娘の書いた作文をツイッターで紹介した。題材は「言葉をおぼえるけしゴム」。冒頭から誤字まみれの文章が続く。主役で語り手は「言葉を覚える消しゴム」。欄外には訂正がつづられる。これがその全文だ。

「わたしわ、言葉ををぼえるけじコムです。いろいろな、文ぼう貝屋さんにうらえてます。よくかわれあす。そいて、クラスのいんなぼくをうかっていまず。でお、みなさんかけずのわまちがえだ。言葉なので、わたしわ、まちがえだ言葉しかおずえられあいのです。」(作文中の「葉」は、くさかんむりではなく、たけかんむり)

誤字を直すと以下の文章になる。

「わたしは、言葉をおぼえるけしゴムです。いろいろな、文ぼう具屋さんにうられてます。よくかわれます。そして、クラスのみんなぼくをつかっています。でも、みなさんがけすのはまちがえた言葉なので、わたしは、まちがえた言葉しかおぼえられないのです。」

言葉を覚える消しゴムは、人々が間違えた言葉を消すときに活躍してきた。それゆえ「まちがえた言葉しかおぼえられない」のだという。

この作文にツイッターでは「誤字すらも話の設定になってるところも完成度が高すぎて凄い」「伏線回収がきれいすぎる」などと驚く声が寄せられた。

宿題に悩む娘にnakashinさんが送ったアドバイスとは?

取材に対しnakashinさんは、娘から宿題について相談を受けていたと明かす。娘はあらかじめ「言葉を覚える消しゴム」を題材にしたいと考えていたそうで、どんな話を描いたらよいか悩んでいたという。nakashinさんは、娘に1つだけアドバイスを送った。

「めちゃくちゃ面白そうだから、その消しゴムが普段どうやって過ごしてるかを考えてから、お話を考えたら?」

すると娘は、消しゴムの目線で「どうやって言葉を覚えるのか、普段どんなことをして、何を考えているのか」考え始めたという。やがて「消しゴムは間違えた言葉を覚えちゃう」、そのために「使う言葉も間違えた言葉になっちゃう」という設定ができあがった。

nakashinさんは娘の作文を次のように評する。

「ショートショートの醍醐味は、『1回読んだ後にもう一回読み返したくなる』だと思っているので、今回は最後の一文を読んだら絶対にもう一度読み返したくなると思ったので、そういう意味ですごくショートショートらしいと思って、そこが魅力だと感じました」

しかし今回の宿題は、クラスのみんなの前で音読するものだった。音読では魅力が伝わりづらい話だったため、娘は別の作文を提出したという。nakashinさんは「あまりにもったい無いので、せめての気持ちでSNSで公開をしました」と振り返った。

娘の作文を紹介するnakashinさんのツイートは30日19時現在までに、6万5000件超のリツイート、28万9000件超の「いいね」があった。こうした反響についてnakashinさんは次のように受け止める。

「はじめは供養の気持ちだけで投稿したものだったので、ここまで話題になるとは思っておらず...。とてもびっくりしてしまいました。娘はたくさん褒められてすごく嬉しがっていました。子どものことで予想外に話題が広がりましたが、みなさん、優しいコメントをたくさんくださったので、安心しました」

(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)