Netflixによるヘンリー王子とメーガン妃のドキュメンタリー番組のトレイラーが公開され、各国のメディアが大々的に取り上げた。しかしウィリアム皇太子夫妻が米ボストンを訪問中だったことから、そのタイミングが大きな物議を醸す結果となった。複数の王室伝記作家は現地メディアのインタビューに応じ、「米国訪問を台無しにするために重複させた」「冷酷なやり方だ」とヘンリー王子夫妻を猛批判している。

現地時間1日、Netflixが制作するヘンリー王子とメーガン妃のドキュメンタリー番組『Harry & Meghan』のトレイラーがついに公開された。映像では、夫妻が米国移住後にプライベートを楽しむ姿やメーガン妃が涙を流す場面などが映っている。

このトレイラーが公開される前日には、ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃が米マサチューセッツ州の州都ボストンに到着したばかりだった。夫妻は2日に開催する「アースショット賞」授賞式に出席するため、3日間にわたる公式訪問を開始していた。

夫妻にとって2014年以来となる米国訪問では、ウィリアム皇太子が授賞式で国際的な舞台に立つことになる。これを受け王室関係者は「スーパーボウルの瞬間になる」と期待を語っていた。

しかし皇太子夫妻の米国訪問2日目には、ヘンリー王子夫妻がトレイラーを公開したことがメディアに大きく取り上げられたのだ。そのため皇太子夫妻の影が薄くなってしまったのである。

ヘンリー王子夫妻がこのようなタイミングでトレイラーを公開したことに対し、複数の王室伝記作家が「わざと邪魔をしようとしている」と猛批判する結果となった。

『Harry: Conversations with the Prince』の著者アンジェラ・レヴィン氏は英メディア『The Sun』の取材に応じ、このように述べた。

「この日は、キャサリンとウィリアムの訪問を台無しするために選ばれたのでしょう。つまり彼らのすべてを奪い取るためにです。この日にする必要などないのにわざと重複させた。彼らの訪問を台無しにするよう、故意に行ったのです。」

また『Royally Suited: Harry and Meghan in their own words』の著者フィル・ダンピアー氏は英メディア『Express.co.uk』への寄稿文で、ヘンリー王子夫妻の行動をこう分析した。

「兄弟間の溝がかなり悪化しており、和解する見通しはないことを示唆している。家族が団結するようにお互いの相違を脇に置く、という希望は急速に消えている。そして女王がいなくなった今、冷酷な方法で物事が行われているのだ。」

ヘンリー王子夫妻は、これまでに何度もウィリアム皇太子夫妻が世間に注目されるタイミングで重大発表を行ってきた。

2021年5月7日にキャサリン妃(当時)によるプロジェクトの写真集が発売される数日前には、メーガン妃が絵本を出版すると突如発表した。

また今年10月にチャールズ国王夫妻とウィリアム皇太子夫妻の4人が並ぶ公式写真が公開されると、その2日後にはヘンリー王子夫妻が新たなポートレートを披露したのである。

このようなことが繰り返されていることから、『Elizabeth, The Queen Mother』の著者ヒューゴ・ヴィッカーズ氏は米メディア『Page Six』に対し、皮肉たっぷりの言葉で笑い飛ばした。

「いやはや驚きました。ヘンリーとメーガンは、なんて退屈なんでしょう。こういったことは彼らのお約束なんです。まあ、彼らの作品は少しうぬぼれているようにも見えますがね。」

画像は『Netflix US 2022年12月1日付Instagram「Harry & Meghan.」』『The Prince and Princess of Wales 2022年12月1日付Instagram「Day 2 in Boston」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)