歌手の安斉かれんさん(22)が2022年11月25日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、5か所に入ったタトゥーについて説明した。

「まあ自分の人生なんでね」

安斉さんは「タトゥー紹介!デザインと入れた理由教えちゃいます」というタイトルで動画を投稿し、現在入っているタトゥーを1つ1つ紹介した。

冒頭では「賛否両論あると思うんですけど私はその都度その都度で意味だったり、可愛いなと思っているので、私は入れました。まあ自分の人生なんでね」と語り、「たぶん初なんですよ、こういう話するの」という。

安斉さんは現在、5つのタトゥーを入れているが、初めての経験は18歳か19歳の頃だったそうだ。「普通に生きてたら見えない所」だというお腹部分に、公開することは出来ないが目のタトゥーが入っていると解説した。次は耳の裏の「290207」という数字タトゥーを見せ「自分にとって意味のある数字を掛け合わせてごっちゃにした」ものだと述べている。こちらは21歳の頃に入れたものだそうだ。

脇下には初めてカラーで入れたという、「スーパーマリオ」シリーズのキャラクター、ピーチとテレサがあると告白。以前マリオの置物を部屋に飾っていたことを踏まえ、あえて「悪役と姫」をチョイスしアンバランスな雰囲気を目指したとしている。

「愛っていうのを絶対入れたくて」

腕には生まれ年の「1999」と、自分のサインにも入っている「舌出しマーク」を入れていることを紹介。もう一方の手首には、自作のイラストを元にしたタトゥーが入っており、「In all」とハート型のキャラクターを合わせて「In all LOVE」という意味を込めているという。

この手首のタトゥーについて安斉さんは「お仕事とかしていく上で、恋愛も友達も家族も全て愛の中で生かされているんだってのを忘れないで生きていきたいっていう意味があって。愛っていうのを絶対入れたくて」「歌ってる時も見えるから、『愛忘れてねーぞ!』ってわざと見えるところに入れました」とこだわりを見せていた。

安斉さんは「次も意味のあるものを入れたい」と話し、愛犬のゼロとまろを「アニメっぽくして入れたい」と今後の展望についても語った。更に「自分の人生なので皆さん、自己責任で入れる時は入れてください!」と視聴者に呼び掛けている。