【AFP=時事】米動画配信大手ネットフリックス(Netflix)は1日、ヘンリー英王子(Prince Harry)と妻メーガン妃(Meghan, Duchess of Sussex)が全6回にわたり王室での生活を明らかにするドキュメンタリー作品の予告編を公開した。

 1分間の予告編では、夫妻の親密な写真が次々と映され、「閉ざされた扉の向こうで起きていることは誰にも見えない」と語るヘンリー王子や、目を拭うメーガン妃の映像が流れる。

 夫妻の親友で伝記作家のオミド・スコビー(Omid Scobie)氏はツイッター(Twitter)に、同作品の配信開始は8日だとし、「二人の愛の物語の裏側や、彼らが直面した挑戦」が描かれていると投稿した。

 予告編は、ヘンリー王子の兄ウィリアム皇太子(Prince William)が皇太子として初の米国訪問を行う中で公開された。また英王室内では、新たな人種差別問題が浮上したばかりだ。

 先月29日に英バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)で開かれたレセプションで、王族の側近を長く務めてきた貴族女性が黒人女性に対して差別的な発言をし、辞任に追い込まれた。この貴族女性はウィリアム皇太子の代母(洗礼式の証人)でもあった。

 ヘンリー王子と、黒人の母を持つ元テレビ女優のメーガン妃は、約3年前に王室を離脱した理由の一つに、王室内の人種差別を挙げていた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
英王室に新たな人種差別疑惑 側近の貴族女性が辞任
ウィリアム英皇太子夫妻、米国訪問を開始
ヘンリー王子夫妻の新たな家族写真公開