大手牛丼チェーン、すき家の北海道・札幌市内にある店舗の前で撮影されたという動画がTwitterで拡散され、話題となっている。

【写真】SNSで「神の域」と絶賛される『すき家』店員のレジ打ち、深夜の配膳トレなど

「動画が撮影されたのは11月28日の午前0時過ぎ頃のようです。制服を着た店員とみられる2人がトレーを持って足を前に踏み出す動作など、接客の練習と思われるようなことをしていました。深夜ということもあって、気温は4度くらいの屋外で、上司とみられる人から“足を出すタイミングが遅い”や“何度言ったらわかるんだ”などと厳しく指導されていたようです」(ネットニュース編集者)

 寒い屋外で上着も着ずに厳しい言葉を放つ姿に《ブラック企業》《完全にパワハラ》《意味があるのか》などと批判の声が相次いで投稿された。

 すき家では今年1月、接客や調理、配膳、会計、洗い物などの業務を1人でこなす“ワンオペ”中に女性従業員が倒れ、3時間放置されて亡くなるなど、勤務体制が問題となっていた。

 今回拡散された動画はパワハラだったのか。株式会社すき家の広報に確認したところ、動画の内容は事実だと認めた上でこう説明した。

「トレーニングしたい」本人たちからの要望だった

「接客のサービスの大会を年に1回実施しておりまして、各店舗から応募者を募って、地区予選、本選を行っております。今回につきましては、当該従業員がエントリーしており、深夜勤務でしたので、本人たちからこの時間にトレーニングがしたいという申し出がありまして、深夜に実施しました。アルバイトの2人に対して社員が指導していました。当初は店内で行っておりましたが、提供のスピードが動作を伴うため、その部分の10分から20分ほどを外で行うということになったそうです」

 すき家のホームページを確認すると、「接客や提供時間など、サービスのスキルアップを目指して、毎年“KOSS―1グランプリ”というコンテストを開催しています」との記載があった。“KOSS”とは「きれいなお店で」「おいしい牛丼を」「スマイルで」「素早く(提供する)」の頭文字。今回はその大会に向けての練習だったようで………。

「強制的にさせられているというSNSの投稿は大きく異なっている部分ではあります。大会は世界各国で勝ち抜いた人たちも集まるため、参加者は非常にモチベーション高くやっています。本人たちのモチベーションにも関わってくるので、正しく報道していただきたいです」(すき家・広報部)

 この従業員はすでに予選の一つを突破。12月に北日本支社の大会があり、そこを勝ち抜けば2月に行われる全国大会に出場できるという。

レジの打ち方がプロ過ぎる

 その後、同店の店内とされる動画もSNSで拡散。店員が食器を下げたり、レジ打ちをしたりしている様子なのだが、

《レジの打ち方がプロ過ぎる》
《神の域に達している》

 と特訓の成果が出ているとさらに話題に。彼らなら、全国大会でも好成績が期待できそうだ!