◆昨今のセクシー業界のギャラ事情

 前回はメーカーの看板的存在である「単体女優」のギャラについて解説した。ある程度給料の事情を知ると、今度は一か所に縛られず活動を行う「企画女優」のギャラが気になってくるのではないだろうか。

 よく「企画女優」と「企画単体女優(キカタン)」の差についても聞かれるため、その点においても触れておきたい。

 先に強調しておきたいのは、現在のセクシー業界の給与水準に関しては世間の人々が想像するよりも遥かに低いということ。そのことを前提にして、私の話を聞いてほしいものだ。

◆企画女優とは何か?企画単体女優との違いについて

 企画女優とは1つのメーカーに拘束されることなく、さまざまな作品への出演が可能な女性たちを指す。専属ではないことから1カ月あたりのリリース本数に制限がかけられず、オファーがあったらあった分だけ撮影をこなす。仕事を受けるか否かは個人の自由だが、単体女優よりも遥かに多くの作品へ出られるメリットがある。

 なおセクシー業界における「企画」とは、ナンパものなど、ジャンルやカテゴリーのこと。メーカーは撮影前に会議を行い、企画内容にぴったりとハマる女優達をキャスティングする流れだ。

 一方の単体女優は出演する本人が主役。彼女たち主体で作品作りが進むが、企画女優に関しては企画がメインであり、女優たちがその内容に花を添えるイメージと言えよう。

 そして企画作品には女優が複数出演するものと、ピンで出演するものの2種類に分かれる。前者は芸名が出ないパターンも多いが、後者は女優名を大きく売りにしているケースも。これが「企画女優」と「企画“単体”女優」を見分ける方法だ。とはいえ現在の業界は、企画女優も企画単体女優(通称:キカタン)もほぼ一緒くたになっている状態だが。

 少し前は単体・キカタン・企画と明確に線引きされていたが、近頃は企画作品で単体を張れるレベルの人気者も、素人のていや別人のふりをしてその他大勢系のビデオに出演している。時代の途中で企画とキカタンの垣根はなくなったらしい。なので話をまとめると、企画女優と企画単体女優はほぼ同じと考えて構わないということだ。

◆セクシー界隈で多く存在する「企画女優」の給料システムは?

 単体女優が月給制であることに対し、仕事がある分だけ活動できる企画女優の給料は完全歩合制。固定給は一切用意されておらず、こなした仕事の数だけお金が入ってくるシステムだ。月に何本でも出演、そしてリリースできることから作品1本当たりのギャラは単体より低くなる。

 だいたいキカタンと呼ばれる女優は、1本につき15万〜40万前後くらいのギャラをもらっている。内容がハードなものや、多くの時間を要するもの(宿泊込みの撮影など)だと金額がアップしやすい。最近は遠方での泊まり撮影やハードすぎる内容は減ってきているので、平均して20万円前後が相場となっているとか。

◆軽めの撮影のギャラは数万円程度

 企画女優に関しては芸名が表に出ず、拘束時間も短く、そう難しくない内容であれば1本5万〜10万円前後くらいが平均的なギャラの相場だ。内容が軽くなればなるほど給料は下がり、なかには「ちょっと脱いだだけでカラミなし、ギャラ3万円」「セクシー作品のエキストラ担当、ギャラ2万」のような、プチお小遣い稼ぎ的な仕事が舞い込んでくることも。当然ながら仕事を受けた数が月収に直結するため、撮影があればあるほど稼げる仕組みである。なので、どんなに小さな仕事でも引き受けるタイプは非常に多い。

 1ヶ月あたりの撮影本数だが、オファーが殺到している人気企画女優は月に20日以上稼働する例も決して珍しくはない。ただし正直なことを言ってしまうと、相当な売れっ子でなければ安定したオファーをもらい続けることが難しい。企画女優は単体に比べると特に収入の波が大きいのだ。