【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループD】チュニジア1−0フランス(日本時間12月1日/エデュケーションシティ スタジアム)

 これぞ”ギャップ萌え”だろうか。ピッチでは野獣のようにゴールに向かうフランス代表FWエムバペだが、ベンチスタートとなったチュニジア戦の最中にベンチが映されると、そこには満面の笑みのエムバペの姿が。これには視聴者も「かわいい」と釘付けだった。

【映像】神童・エムバペのニコニコ笑顔がかわいいと話題

 グループDで連勝を飾り、決勝トーナメント進出を一足先に決めたことで、フランスはチュニジア戦に向けて大幅なターンオーバーを敢行した。ABEMAで実況を務めた山崎弘喜アナウンサーも「今日はエムバペ、グリーズマン、ジルーといった強力な前線はサブスタート」とベンチメンバーの豪華さを伝えていた。

 試合序盤、20分にカメラがベンチの様子を捉えると、そこにはエムバペがチームメイトと笑顔で談笑する姿が見られた。理不尽なまでのスピードで相手を圧倒する野獣のような男の普段とは異なる一面にABEMAの視聴者からは「かわいい」「エムバペゆったり観戦」「笑うとかわいい」「かわいすぎやろ」とギャップに萌えるコメントが散見された。

 フランス代表はこの試合でチュニジアに金星を献上したが、それでもグループステージ首位で決勝トーナメント進出を決めた。他の強豪国がグループステージ第3節まで精神的にも肉体的にも過酷な戦いを繰り広げる中で余裕を見せ、大会連覇に向けて順当だ。
(ABEMA/FIFAワールドカップ カタール 2022)