Twitterの最高経営責任者(CEO)となったイーロン・マスク氏が、現地時間2022年11月30日にAppleの本社を訪れ、Appleのティム・クックCEOと会談したことが、マスクCEOのTwitterへの投稿で明らかになりました。

Apple ParkでクックCEOと会談したマスクCEO

マスクCEOはTwitterに、Apple Park内の池と、水面に映った自分とクックCEOの影を収めた短い動画を投稿し「@tim_cook、Appleの美しい本社を案内してくれてありがとう」と述べています。
 


 
さらにその数時間後に「中身のある会話だった。とりわけ、TwitterがApp Storeから削除される可能性についての誤解が解けたのがよかった。Appleはそのようなことは検討したことがないと、ティムが明らかにしてくれた」とツイートしました。
 

Appleを批判

このやりとりから、「AppleはTwitterアプリをApp Storeから削除しようとしている」とのマスク氏の主張は、誤解だったとみてよさそうです。
 
マスク氏は自身がTwitterを買収してから、Appleが広告の掲載を中止したことについても批判していました。

 
 
Source:Twitter/Elon Musk via Bloomberg
(lunatic)