「親ガチャ」ならぬ「上司ガチャ」という言葉をよく耳にするようになった。山口県の40代女性(育・農林水産・その他/年収300万円)の直属の女性上司は「会長の古い愛人」で、

「能力も意欲も全くなく、パワハラし放題」

というから、まさに上司ガチャを外してしまったと言えよう。(文:林加奈)

※キャリコネニュースではブラック企業体験談を募集しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/HQI6E1OV

「意見しようものなら、すぐに会長に言いつけて報復人事」

女性を含め部署の同僚たちは、問題の女性上司に相当手を焼いているようだ。

「大切なデータを消去したり、階層の奥深くに収納してしまったり。しかも自分のやらかした行為自体を忘れてしまい、問題行動が顕在化するころには部下に責任を擦り付けるということも」

「意見しようものなら、すぐに会長に言いつけて報復人事をやるよう依頼するというタチの悪さ。人事やもっと上の上司に相談しても無駄」

上司の失敗のフォローをする部下。普通は逆ではないだろうか。もはや誰もがお手上げの状態で、女上司と関わりのある会長に動いてもらうしかないのだが、

「どうも最後の最後のお手当かわりに管理職に昇進させ、退職金を増額して渡すよう会長から指示されているとのこと。『あと数年でいなくなるから、それまで我慢して』と逆に説得されました」

と、最後の砦である会長も頼れない。

女性はまだ勤務しつづけているようだが、「能力があるのに彼女に嫉妬されてパワハラを受けた人はバカらしいということで、より良い環境を求めて転職していきました」と綴っていた。

会長の私情で管理職になった人をとがめることもできないのだから、会社の未来が思いやられる。その上司が退職するまで、女性が持ちこたえられるといいのだが……。