ボールボーイのレベルが高いとファンも密かに注目するPayPayドーム

 ソフトバンクの本拠地・PayPayドームには、“隠れた名選手”が多いとファンも密かに注目している。今季も、スムーズな試合進行を助けるボールボーイたちが、しれっと美技を連発。「パーソル パ・リーグTV」も思わず取り上げている。中でもナンバーワン美技と言える“空中キャッチ”には場内騒然。「プロ並みにうまい」との声が上がっている。

 存在を消しつつも、いざとなれば華麗にボールに食らいつく。それがボールボーイの真骨頂だ。ソフトバンクの三森が一塁線をわずかに切れる鋭い打球を放った際、ひっそり座っていた“影の名手”が実力を発揮した。フェンスに当たり角度を変えながら勢いよく弾んだボールに対し、迷わずジャンプ一番。“激ムズ打球”を見事グラブに収め、グラウンドに転がるのを未然に防いだ。

 当の本人はすぐさま定位置に戻ったが、面食らった観客からはどよめき。数ある美技の中でも強烈な印象を残したプレーに、ファンも「PayPayドームのボールボーイと外野席の観客はボール取るのめっちゃ上手い」「ボールボーイもグラウンドにいる立派な選手だよね」「PayPayドームのボールボーイは椅子に座ってないのもあって俊敏性増し増し」などと絶賛コメントを寄せていた。(Full-Count編集部)