米政権、ツイッター誤情報を注視「SNSは暴力の扇動防ぐ責任ある」

ざっくり言うと

  • 米政権は28日、イーロン・マスク氏が率いるツイッターに関して表明した
  • ツイッターについて、誤情報拡散の温床とならないか注視しているという
  • 大統領報道官は「ソーシャルメディアは暴力の扇動を防ぐ責任がある」とした
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。