「来る11月30日、秋篠宮さまが57歳を迎えられます。同日には毎年恒例のお誕生日会見の内容が公表されるのですが、小室圭さんに関するお話はいっさい出ないようです。宮内庁担当の記者たちが事前に提出した質問内容に、小室さんの名前はなかったそうですから」(皇嗣職関係者)

昨年は眞子さんと小室さんが結婚した直後の会見だったため、小室さんとの面会時の印象を記者から問われた秋篠宮さま。しかし、今年は質問を用意する記者側が“空気を読んだ”との話も。つまり“忖度”だ。

「秋篠宮家へのバッシングの原因となった小室さんの話は、“タブー扱い”になっているのです。今回の会見で、結婚1周年を迎えた小室夫妻に関する事柄を聞くのはごく自然な流れであるものの、質問に含まれなかったのは、記者たちが抱く“触れてはいけない”という意識が強かったのではないかと思われます」(同・皇嗣職関係者)

一方の小室さんといえば、10月下旬にNY州の司法試験に合格し、例年通りのスケジュールであれば、来年1月に同州の弁護士に登録される予定だ。

「1年目の弁護士は、ベテラン弁護士の2〜3倍ほど仕事に時間がかかってしまいます。新人にとっては厳しいノルマが課せられるため、どうしても激務になってしまうのです。

しかも、ノルマを達成できなければ、いくら優秀だといわれる弁護士でも所属する法律事務所から解雇されることもあります。3回目の試験でやっと合格したのも束の間、まだまだ彼にはいばらの道が待っているんですよ」(アメリカの法曹関係者)

ただ、これは一般的な弁護士の話。小室さんは眞子さんという“最強の武器”を持ち合わせている。

「アメリカには王室はないため、現地の人たちは、世界で一番伝統のある日本の皇室に対する尊敬の念がとても強いのです。さらに、アメリカでは王室や王族といった肩書きを使ってビジネスを行うのは当たり前という感覚が存在しています。

将来即位される悠仁さまの姉であり、元プリンセスの夫という小室さんの肩書きはかなり魅力的で、新規の顧客を獲得する可能性は大いにある。新人弁護士が苦戦するノルマの達成どころか、それ以上の結果を出せると思います。顧客が増えれば増えるほど報酬は高くなるので、年収1億円を超える可能性も十分あるでしょう」(同・アメリカの法曹関係者)

日本では批判される“皇室利用”がアメリカではむしろ歓迎されるというわけだ。

「秋篠宮さまが最も気をつかわれるのが“皇室利用”と捉えられかねない行動。もし小室さんが今後、眞子さんの夫という肩書きをフル活用して収入を得ることがあれば“一生、秋篠宮家の敷居をまたがせない”という決断に至ることも考えられます」(秋篠宮家関係者)

小室さんが義父との関係を修復できる日は、果たして訪れるのだろうか……。