【AFP=時事】キューバのアレハンドロ・ヒル(Alejandro Gil)副首相兼経済企画相は26日、新型コロナウイルス流行で深刻化する経済危機からの脱却支援として、中国から1億ドル(約140億円)相当の資金を贈与されたと明らかにした。

 ミゲル・ディアスカネル(Miguel Diaz-Canel)大統領が25日、訪中し、習近平(Xi Jinping)国家主席と会談。ヒル氏が国営テレビに語ったところによると、その席上で習氏から資金贈与の申し出があった。資金は「優先課題」に充当されるという。キューバは過去30年で最悪の経済危機に陥っている。

 両首脳はまた、キューバの対中債務をめぐっても協議。ヒル氏は「わが国の大統領が(債務)状況について説明したのに対し、中国側は理解を示した。われわれは債務計画および債務再編に関して相互に受け入れ可能な方式を見いだそうとしている」と述べた。具体的な債務額には言及しなかった。

 ディアスカネル大統領は25日までの日程でアルジェリア、ロシア、トルコ、中国の4か国を歴訪していた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
キューバ、同性婚など合法化へ 国民投票で承認
キューバ石油施設火災、3基目の貯蔵タンクが倒壊
洪水被害のパキスタン、中国に債務軽減要請を 米国務長官