爽やかな「ブルー」と暖かな「ベージュ」が組み合わさる事で、冬の澄んだ空気にマッチするトレンドメイクが完成!
一見難しそうに見えるブルージュカラーも、ポイントをおさえれば普段使いも可能に。今回は、ブルージュコスメの使い方を解説します。

抜群の透明感を演出!
出典:byBirth

ブルージュカラーってどんな色?

ブルージュは「ブルー」と「ベージュ」、そしてほんのり「グレー」を感じるくすみカラー。コスメによってブルーの印象が強かったり、グレーの印象が強かったり様々です。

青は肌に存在しない色なので、使いこなすのが難しいと感じる方が多いですが、肌馴染みのいい柔らかなベージュが合わさることで、格段に普段のメイクに取り入れやすくなりました!

さらにグレーっぽさを感じることで、冬らしい深みも出ます。まさにこれからの季節に使いたい色ナンバーワン。ブルージュはあまり聞き慣れず、どうやって使うのか分からないという方もいらっしゃると思うので、使いこなし方を次でご紹介します。

イエベさんには使いづらい?ブルージュコスメの使い方を伝授!
出典:byBirth

アイライナーやマスカラなど、ニュアンスで楽しめるブルージュを取り入れる

まずはブルージュカラーを使うのが初めて!という方は、アイライナーやマスカラから取り入れてみましょう。

アイシャドウは馴染ませる範囲が広く色も目立つので、いきなり取り入れるにはハードルが高く感じます。一方アイライナーはまつげの生え際に細く色を感じるぐらいなので、控えめに色を楽しむことができます。

マスカラもまつげの色と馴染むとニュアンスでブルージュを楽しむことができるので、比較的どんな色のアイシャドウとも合わせやすくなります。

透け感のあるブルージュコスメなら普段使いしやすい

マスカラやアイライナーでブルージュを楽しんだら、ぜひアイシャドウでもブルージュを楽しんでみましょう!

ポイントは「透け感のあるブルージュ」を探すことです。あえて肌の色が透けるほど発色が穏やかなコスメを選び、透け感のある仕上がりを楽しみましょう。

ニュアンスでブルージュを楽しむことができますし、広範囲に馴染ませても派手に見えたり肌色から浮く心配もほとんどありません。慣れてきたら重ね付けして、色の濃さを楽しむのも良いでしょう。

イエベさんはあらかじめ化粧下地で透明感を演出しておくこと

ブルージュカラーをしっかり楽しみたい!だけどイエベ肌には浮きそう……そう感じる方は、ベースメイク作りにこだわってみましょう。イエベさんは温かみのある黄みを帯びた肌色が特徴的なので、そのまま馴染ませるとブルージュが変にくすんで浮いてしまうことがあります。

なので、化粧下地やコントロールカラーで肌色に透明感を仕込んでおきましょう。おすすめは「パープル」「ブルー」のコントロールカラー。これらの色の化粧下地でも構いません。一番目立つ頬の中心にしっかり馴染ませ、目まわりも忘れず塗りましょう。

上から重ねるフェイスパウダーも、ラベンダーやパープルなどを使うとさらに透明感がアップします!

チークやリップは粘膜系の柔らかなピンクカラーがおすすめ

ブルージュはアイメイクで楽しむことが多い色ですが、チークやリップの色はどうすれば良いのか?迷ってしまう方も多いかもしれません。上品な寒色カラーなので、ローズやプラム、モーヴなど青みがかったピンク系カラーが良いでしょう。

もう少し肌馴染みのいい色で統一したいという事であれば、唇の内側に存在するような「粘膜系」のカラーをチョイスしましょう。ピンクベージュのような穏やかなカラーです。「粘膜リップ」といった商品もトレンドになっているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

美容ライター厳選!おすすめブルージュコスメ

エテュセ アイエディション(カラーパレット) 12. ティアーブルージュ

出典:byBirth
出典:byBirth

エテュセで大人気の2色パレット。シンプルなのにこなれたメイクができると好評です。新しいこちらのブルージュとブラウンの組み合わせも、眺めているだけでうっとりするような配色が素敵です。

右のブラウンは温かみを感じるブラウン。肌馴染みがよく、優しく目もとに深みを出すことができます。左のブルージュは、ベースカラーは透け感があり、ブラウンの上に重ねることで透明感をプラスすることができます。冬らしいシルバーを含んだ多色ラメがキラキラと輝き、さらに透明感もアップできます!

エテュセ アイエディション(マスカラベース) LE 06 グレームーン

出典:byBirth
出典:byBirth

ブルージュコスメを初めて取り入れる方におすすめしたいこちらのマスカラ。マスカラベースという商品名になっていますが、繊維入りでまつげの長さがアップし、これ1本で目力を出すことができます。

コームタイプなのでまつげ1本1本を引き立たせ、美しいセパレートまつげに仕上がります。

ブルーとグレー両方をしっかり感じることができ、もとのまつげの色と馴染むと、上品に垢抜けた印象に。まろやかなグレージュマスカラは、寒色系メイクを楽しみたい時に活躍するのでぜひチェックしておいてくださいね。

冬らしい澄んだ透明感を纏わせて
出典:byBirth

筆者は生粋の「イエベ秋」肌なので、なかなか青やグレーを取り入れるには勇気がいります。ですが、温かみのあるベージュが組み合わさることで、これまで試したことがない、なんとも言えない絶妙なこなれたブルベメイクを楽しめるようになりました。

トレンドのブルージュカラー、一度使うと見事にハマってしまうかも?ぜひブルベさんもイエベさんも、チェックしてみてくださいね!