理系学生のランキングで1位になったソニー(撮影:今井康一)

大学生の就職活動は年々早期化が進み、大学3年生の夏のインターンシップ(就業体験)に積極的に参加する人も少なくない。企業は優秀な学生との接点を持つため、イベントなどを早期から実施するようになった。

そうした状況のなか、学生が興味を持っている会社はどこなのか? 11月20日配信記事「早期に動く就活生が選ぶ『就職人気トップ150社』」では、いち早く動き出す就活生が選んだ人気企業ランキングを紹介した。今回はその属性別(男・女・文・理)のランキングを作成した。

データは文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基にしている。同社運営の就職サイト「ブンナビ!」に登録する、2024年春入社希望の会員(現大学3年生、現大学院1年生)が調査対象だ。今回は登録会員のうち8472人から回答を得た。

伊藤忠商事はどの属性からも人気

男子学生のランキングは、1位伊藤忠商事、2位三菱商事、3位ソニーという順になっている。総合ランキングと同様に総合商社は人気で、4社がトップ10に入った。4位日本生命保険や5位東京海上日動火災といった保険大手も安定した人気を保っている。


『就職四季報』特設サイトはこちら

女子学生のランキングでも伊藤忠商事が1位になった。20時以降の残業原則禁止や朝型勤務推進など、積極的な働き方改革で知られている。3位の明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)は総合ランキングの13位と比べて大きく順位を上げており、9位のソニーミュージックグループ(総合ランキング17位)も女子学生から人気のようだ。

文系学生のランキングは総合ランキングと似た傾向で、トップ10に入った企業の顔ぶれはほとんど同じだったが、ソフトウェア開発などを展開するIT企業は総合より順位を下げている。

理系学生のランキングは1位がソニー。祖業のエレキ事業だけでなく、ゲーム事業や映画事業など幅広く手がけ、全社員対象の在宅勤務制度やコアタイムなしフレックスタイム勤務制度の導入など、コロナ禍の新しい働き方にも柔軟に対応している。こうした面でも支持されているのかもしれない。ほかにも3位NTTデータ、4位味の素など、総合ランキングでトップ10に入らなかった企業が大きく順位を上げた。グーグルアマゾンジャパンといったIT企業も上位に並び、理系人材のニーズが高い企業が目立った。





就職活動「早期」 就職ブランドランキング調査について
調査主体:文化放送キャリアパートナーズ 就職情報研究所
調査対象:2024年春入社希望の「ブンナビ!」会員(現大学3年生、現大学院1年生)
調査方法:文化放送キャリアパートナーズ運営の就職サイト「ブンナビ」上でのWebアンケート、文化放送キャリアパートナーズ主催の就職イベント会場での紙・アプリアンケート、文化放送キャリアパートナーズ就職雑誌&デジタルブック内QRコードアンケート
*投票者1名が最大5票を有し、志望企業を1位から5位まで選択する形式

調査期間:2022年4月1日〜2022年9月30日
回答数:8472 (うち男子4577・女子3895/文系6955・理系1517)
総得票数:2万7608票
男女比を1:1にするため、男子得票数に0.850994101を掛けたポイント制

「就職」を重視する学生は「企業イメージ(企業価値)」よりも「仕事イメージ(仕事価値)」に重点を置くとの仮説の下で、ランキングを算出。
就職者誘引度は、学生が企業イメージと仕事イメージのどちらを企業選択時に重視したかという回答によって算出。企業イメージのみで投票した場合は就職者誘引度5、仕事イメージのみで投票した場合は95とし、得票平均値を就職者誘引度としている。
総得票数×就職者誘引度=就職ブランド力とし、就職ブランド力を基にランキングを計算。
社名はアンケート上の名称で、1採用窓口=1社名を基準にしている。社名変更等で調査時の社名と異なる場合がある。グループで採用が一本化されている場合は「○○グループ」等で表記。

(小島 和紘 : 東洋経済 記者)