11月23日に行われたFIFAワールドカップの試合で、強豪ドイツに見事2-1で勝利を収めた日本。日本中が勝利に沸くなか、現地カタールでも人気上昇がわかる出来事が起きているという。

【映像】ショッピングモール内部の光景

 カタールから中継などを行う『ABEMA NEWS』辻歩キャスターが、試合が行われたハリーファ国際競技場の隣のショッピングモールを取材。現在ワールドカップ一色となっているスポーツショップでは、日本のグッズの品切れが相次いでいるそうだ。

「各国のユニフォームやグッズが置いてあるが、なぜか日本のものが見当たらない。そこで店員に聞いてみると、『大会前から売り切れている』と」

 さらに、日本がドイツに勝利したあとから、カタールのAdidasのサテライトセンターには、「日本のユニフォームはどこで買えるのか?」と問い合わせが多数寄せられているという。

 また、辻キャスターが日本人だとわかると「コングラッチュレーション」「ドイツを倒してくれてありがとう」などと声をかけられるのだとか。

 注目されているのは選手だけではない。日本のサポーターがゴミ拾いをしている姿が話題となっていて、Twitterの画面を見せられながら「日本人はこんなこともするのか、日本人のサポーターはすごいな」と称賛されたことを明かした。

 このことに、辻キャスターは「代表選手だけではなくて、一緒に来ているサポーターの人まで褒められて、誇らしい気持ちになる」と語っている。(『ABEMAヒルズ』より)