MacRumorsが、2024年に発売されると噂のiPhone SE(第4世代)には、3つの疑問点があると伝えています。

iPhone SE(第4世代)に関する3つの疑問点

MacRumorsが指摘するiPhone SE(第4世代)に関する3つの疑問点とは、ディスプレイサイズ、ディスプレイの種別、生体認証方法です。
 

ディスプレイサイズ

iPhone SE(第4世代)は、iPhone XRの筐体を利用したデバイスになると噂されています。
 
iPhone XRのディスプレイサイズは6.1インチでしたが、iPhone SE(第4世代)のディスプレイサイズは6.1インチではなく、5.7インチになるとの噂もあります。
 
MacRumorsは、Appleは2つのディスプレイサプライヤーを検討しており、それによって5.7インチか6.1インチとサイズも異なるのが、最終決定には至っていない要因と予想しています。
 

ディスプレイの種別

5.7インチと6.1インチディスプレイでは、種別も異なるようです。
 
MacRumorsは、iPhone12および13に搭載されている6.1インチ有機ELディスプレイの採用も検討されていると述べています。
 
ただし、有機ELディスプレイの仕入れ価格が下がらない場合、Appleは液晶ディスプレイの搭載を検討することも考えられます。
 

生体認証方法

iPhone SE(第4世代)の生体認証方法についても、Face IDなのかTouch IDなのか、両方の噂が飛びかっています。
 
リーカーの搞机阿森氏は、Touch ID内蔵サイドボタンを採用すると予想しています。その場合、ディスプレイ上部のノッチにはフロントカメラだけが搭載されることになります。
 
一方、Face ID登場から時間も経過し、関連部品の価格が下がってきていることから、iPhone SE(第4世代)はFace IDを搭載する可能性もあると、MacRumorsは伝えています。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)