点検整備記録簿は“車の履歴書”

©Kumi/stock.adobe.com

中古車情報サイトで物件情報を眺めていると、「点検整備記録簿」などと書かれている項目があるのを目にしていませんか。

点検整備記録簿は、簡単に表現すると「その車が今までどのような場所で点検・修理を受けてきたか?」が残されている“履歴書”です。

物件の検索で条件を絞りたいときも「点検整備記録簿があるかないか」は、チェックされやすいポイントとなるようです。一体なぜでしょうか?

点検整備記録簿があるとどんなメリットが?

@buritora/stock.adobe.com

車は、法定24ヶ月点検や12ヶ月点検など、車の状態を確認・整備する機会があります。

その際、車体に備わったエンジン・足回り・ブレーキなどの各部分の消耗具合、タイヤの摩耗などをチェックして公道走行に支障がないかを確認し、その内容を整備士が点検整備記録簿に細かく記録します。

これにより、点検が終了してからもどのような修理や部品交換をしているのか、情報をチェックできるのが点検整備記録簿を備えるメリットです。情報が残っていれば、点検整備で行った修理・部品交換の内容が明確となります。

稀に「修復歴有り」となっている中古車物件を見かけます。見た目ではどんな修理が行われているか分からなくても、記録簿に修理した履歴が残されている内容を確認することで、不安なくその物件を購入できるでしょう。

「記録簿なし」の中古車はどう判断すればよい?

©beeboys/stock.adobe.com

点検整備記録簿の有無は、中古車の価値を左右していたり販売店を信頼できるかの指標となったりと、重要な役割を担っています。

しかし一方で、「記録簿なし」と表記された中古車も存在しているようです。これらを購入するのは避けるべきでしょうか?

以前、筆者がとある個人経営の中古車販売店を尋ねた際、販売店のスタッフから次のような事情があるかもしれないと耳にしました。

「一般の整備工場で車の整備点検を済ませたとき、記録簿にはデータが残されていないことがあります。

車の点検は国から認証を受けた“指定工場”もしくは“認定工場”で受けるケースが多いと考えられますが、認証を受けていない一般の工場に点検を依頼すると、まともに記録簿へ記入が行われていないケースがあるようです。

ディーラーで新車購入をして、記録簿の“原本”自体は存在しても、一般の工場で受けていて記録簿には何のメモも残されていない場合、中古車情報サイト上では「記録簿なし」という表示になっていることも多いようです。もちろん、当店でも記録簿なしという扱いにしています。

反対に、整備の記録が空の状態にもかかわらず、記録簿の原本が存在するだけで“記録簿有り”と中古車情報サイトに表示している場合もあるようです。」

このように、販売店によって点検記録簿の有無の取り扱いが異なるようですから、気になる物件があれば販売店へ直接問い合わせをして、実車を確かめる際に併せて記録簿を確認させてもらうべきでしょう。

「記録簿あり」の中古車も実物を確認するのがオススメ

@Freedomz/stock.adobe.com

中古車販売店のスタッフの話にもあるように、点検整備記録簿の原本だけが存在するだけで、実際は活用されていないかもしれません。

記録簿を紛失した、廃棄したなどの可能性も否定できませんが、点検整備記録簿の有無をインターネット上でチェックしただけで安心するのは安心できないというのを頭に入れるべきです。

筆者は過去にも「記録簿なし」の物件が気になり、実店舗まで足を運んで実車をチェックさせてもらった際、記録簿に整備メモが残されていたと知らされたこともありました。お店の対応次第で、中古車情報サイトへ物件情報を掲載する際の基準にバラつきがあるのは確かなようです。

狙っている中古車物件に整備の記録が残されているなら、実物を確認できるとよいでしょう。記録簿が残されている分、車両の販売価格が高めとなるかもしれませんが、今まで大切に使われていた車であるかを知るだけでも安心して購入できるメリットがあります。

気に入った中古車物件があって、購入を考えているならお店に問い合わせをして、点検整備記録簿の内容をチェックさせてもらうようにしてみましょう。