FIFAワールドカップカタール2022】ドイツ1 - 2日本(日本時間11月23日/ハリーファ国際スタジアム)

 7大会連続7度目のワールドカップ(W杯)出場で初のベスト8進出を目指す日本代表(FIFAランキング24位)が、W杯4回の優勝を誇るドイツ代表(同11位)と対戦。33分にPKで先制を許すも、75分に堂安律が同点ゴール、直後の83分に浅野拓磨が逆転のゴールを叩き込んで歴史的な逆転勝利を収めた。さらにスタンドに駆けつけた日本サポーターの中に圧倒的な存在感を放つ巨大ネコが出現。その不思議な動き、存在感が妙にツボる様子が公式映像の注目を集めた。

【映像】不思議な動きが妙にツボる巨大ネコ出現

 試合は終始、ドイツにボールを支配される苦しい展開。33分にはGK権田がPKを献上して先制を許したが、75分に堂安のゴールで追いつくと、83分、バックラインからのロングフィードに反応した浅野拓磨が巧みなトラップからGKノイアーの頭上を撃ち抜いてゴールネットを揺らし逆転に成功。ドイツの反撃を退けた日本が歴史的な勝利で初陣を飾った。

 そんな中、日本サポーターの中に圧倒的な存在感を放つ巨大なネコが出現。FIFA公式映像が注目する一幕があった。

 周囲を日本サポーターに囲まれたネコは、手をモジモジさせながら、キョロキョロと落ち着かない様子。これだけの存在感にもかかわらず、右隣の高齢男性をはじめ周囲のサポーターも見て見ぬふりという不思議な時間が流れていた。この巨大ネコが勝利を招いたのか、日本はベスト8以上を目指す今大会で貴重な勝ち点3をあげ、グループリーグ突破に一歩前進した。(ABEMA/FIFAワールドカップカタール2022)