「野球に真摯に取り組めと話してもらいました」

【写真】長野選手らと一緒に“半額セール”になった「22番」のユニフォーム

 11月21日、広島東洋カープ中村奨成捕手の契約更改が行われた。今シーズンの成績から算出された年俸は100万円ダウンの800万円(金額は推定)で、取材陣に対して来シーズンでの巻き返しを誓ったようだ。

 20017年の夏の甲子園で、清原和博氏(大坂・PL学園)の大会ホームラン記録を更新して、ドラフト1位指名を受けて鳴り物入りでカープに入団した中村捕手。

 同期には、史上最年少の三冠王を達成した『東京ヤクルトスワローズ』村上宗隆選手。同じく自己最高の18本塁打を放って、飛躍が期待される『北海道日本ハムファイターズ』清宮幸太郎選手らがいる。

「来年2月で23歳になる村上の年俸は2億2000万円+出来高払い(推定)で、記録づくめの成績から、予想される金額は最低でも4億円。時代は違えども、イチローの24歳シーズンが2億6000万円だったことを考えると、彼の凄さがよりわかりますね。

 プロ野球選手は年俸でこそ評価される職業だけに、中村は同期の村上と雲泥の差をつけられた格好に。それでも100万円のダウンで済んだことにホッとしているのでは(苦笑)」(スポーツ紙・野球担当記者)

 プレーでは名前を聞くことが少なかった2022年シーズンにおいて、“若き鯉のスター候補生”が大きく取り沙汰されたのが、10月26日に配信された『文春オンライン』の記事。今年3月にSNSを通じて知り合った30代女性・A子さんと交際し、新しい生命を授かったという中村。

巨人・坂本勇人同様にダンマリ対応

 しかし、いわゆる“SNSナンパ”したA子さんを遊び相手とでも見ていたのか、結婚する意思を見せずに《おろすしかないじゃん》などと中絶を要求した、とするものだった。

「もちろんプライベートな問題で、犯罪行為をしたわけではないのですが」と、前出の記者は前置きしつつも、

「他にも後ろめたい記録が残されていたのか、それとも批判コメントを恐れたのか、中村は自身のインスタグラム投稿を全て削除。結局、本人も球団もトラブルへの説明、謝罪はしない、巨人・坂本勇人と同様にダンマリを決め込んだのです。

 この対応にカープファンは不信感を抱いているようですし、また子どものお手本になるべきプロ野球選手の姿勢としてほめられたものではないのかな、と」

 そんなカープファンの間では女性トラブルが明らかになって以降、「中村は放出されるのでは?」との見方が日に日に強まっているようだ。

「その理由として、11月8日からスタートした日南キャンプの参加メンバーに中村が選ばれなかったこと。新井貴浩新監督が初めてナインをチェックする秋季練習だけに、将来のカープを担う若手を中心に招集されたのですが、本来ならば“強化選手”として真っ先に呼ばれるべき中村の名前がなかった」(同・記者)

中村のユニフォームが半額セール

 これには取材にあたる各カープ担当記者も、球団が発表したリストにざわついたようだ。さらにファンに不安を抱かせたのが、カープファンと思われるツイッターユーザーが投稿した“事件”だった。

《かーぷちゃん退団する選手のユニフォーム半額でたたき売りしよったんじゃが、チョーノサンの棚に中村奨成が混ざっていた件》

 なんでも、カープの公式グッズを扱う広島市内のショッピングセンターにて、巨人に移籍する長野久義選手や戦力外通告を受けた中田廉投手ら、今シーズンをもって球団を退団する選手のユニフォームが半額(8000円→4000円)で“叩き売り”されていた模様。

 来季のカープユニフォームを着ない選手たちだけに、今のうちに在庫一掃したい狙いがあるのだろうが、ワゴンセールになぜか中村選手のユニフォームも混じっていたとある。投稿された画像には「22番」のユニフォームに半額シールが貼られているのが確認できるが……。

 騒動を注視する、ネットトラブルに詳しいITライターによると、

「イタズラやドッキリの可能性もあるかと思いきや、他にも半額セールを報告するユーザーも見受けられるだけに信憑性は高そう。お店側として、騒動の影響で“もう売れない”と判断したのか、それとも退団することを見据えて値切りに踏み切った可能性もありますね。

 いずれにしても、このショッキングな投稿はカープファンを通じて、すっかりネット上に拡散されては話題のネタにされていますよ」

 来季は新ユニフォームへの変更が発表されたカープだけに、旧ユニフォームのセールをしていた可能性も考えられるが、それでも退団選手と並べられて販売されていたのは何らかの意図を覚えざるを得ない。

トレード、現役ドラフトの可能性残る

 契約更改を済ませた中村捕手ではあるが、まだトレードの可能性、そして12月9日には非公開で実施される“現役ドラフト”も待ち構えている。まだまだ、彼の処遇は予断を許さない状況にあるのかもしれない。

 1週間前の11月14日、よしもと∞ホールにて『極楽とんぼ』山本圭壱が主催する『だってカープが好きなんだもん〜カープファンじゃなくたって楽しいじゃないかSP〜』イベントが開催されていた。これを伝えたWeb版『日刊スポーツ』によると、チームメイトの菊池涼介選手やOBの高橋慶彦氏らを前にして、

《来年は中村奨成に頑張ってもらうしかない! 無心で考えず頑張るしかない! 僕以上に謝り倒すしかない!》

 中村選手のトラブルをいじっては来季へのエールを送っていたという山本。カープファンからも“愛の鞭”を受けて、来シーズンは野球にも、女性にも真摯に対応してほしい。