《アート引越センターいじめ》「女性社員の前で全裸を撮られるより屈辱的…」逮捕の従業員(27)の元同僚が明かす“別の先輩いじめ”と“300万円金銭トラブル” から続く

「気が乗らないから」――。

【画像】阪神タイガースのファンだった森本容疑者

 たったそれだけの理由で20代同僚男性に下着を脱ぐよう指示し、腹部に軽いけがを負わせたとして、強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されたのは、「アート引越センター(以下、アート社)」のアルバイト・森本義洋容疑者(52)である。

 この事件では他にも同社正社員の岩倉拓弥容疑者(27)ら計4人が逮捕された。森本容疑者はこうした一連の“いじめ”をスマートフォンで撮影していたという。文春オンラインが取材を進めると、森本容疑者の素顔と、事件現場にもう一人いたであろう男性社員A氏の存在が浮かび上がった。

◆◆◆

事件が起きたのはアート社が借り上げた“従業員たちのたまり場”

 事件は4月30日未明、江戸川区西小岩にあるアパートの一室で起こった。11月9日に事件が発覚した際、「現場は岩倉容疑者の自宅アパート」と報道されたが、アート社葛飾支店関係者によると「この部屋はアート社が借り上げ、別社員Bが借主として住んでいる。約8畳の1Rは従業員たちのたまり場だった」という。


いじめのあった事件現場アパート

 事件当時も岩倉容疑者や被害者男性ら数人がたむろしており、そこに酔った森本容疑者が現れて、唐突に「服を脱げ」と指示を出したとされる。

「被害者男性が自ら服を脱いでパンツ1枚の姿になりました。そこに女性の社員C子が現れると、森本容疑者は『パンツも脱げ』と指示。逮捕された4人で男性の肩を押さえて頭を殴打し、パンツを破ったといいます」(社会部記者)

 だが、前出の関係者によれば、現時点では逮捕されていない男性A氏も「事件に関与していた可能性がある」というのだ。関係者が続ける。

森本とA氏は酒癖悪く若手へ暴行…ガラリと変わった職場の雰囲気

「アラフォーの男性社員Aもその場にいて、被害者男性の頭にバリカンを入れたと聞いています。彼も警察から事情聴取されたようで、『逮捕されるかも』と言っているようです。森本とAは1年ほど前からアート社葛飾支店で勤務するようになったのですが、その前には別の引越業者で一緒に働いていました。しかし、トラブルを起こしたために退職し、アート社に転職してきたのです。Aは社員として採用されましたが、森本は年齢的な問題でアルバイト扱いでした」

 そして、年かさの森本容疑者とA氏が現れたことで、葛飾支店の雰囲気はガラリと変わったという。

「葛飾支店の従業員は若者が多いので、年齢的に先輩の2人が仕事の指示を出すようになりました。それだけならいいのですが、2人とも酒癖が悪く、酔っぱらうとすぐに手が出てしまう。森本は仕事中こそ真面目で、どちらかというと暗い雰囲気なのですが、ひとたびお酒が入ると豹変する。Aも同様で今年の7月か8月にアルバイトの若者に手を出し、あばら骨を折っています」

 年長者による若手への暴行。関係者は今回の事件が起きた原因をこう推察する。

「被害者男性は遅刻の常習犯でしたし、ろくに返事もできず、失敗して注意されても謝ることができない性格でした。嘘ばかりつくし、森本からすれば、そういった態度が気にくわなかったのかもしれません。もちろん、だからといって暴力が許されるわけではありませんが…」

 そんな森本容疑者は酒癖の悪さだけでなく、女性に対しても“不誠実”だったという。

彼女は森本容疑者からDVを受け身体にあざ…そして中絶も

「森本の前の彼女D子は、森本からDVを受けていたといいます。身体にあざを作っていたことがあり、周囲が心配して『別れた方がいいよ』と説得しても、『彼のことが好きだから』と警察にも相談せず、関係を続けていました。10カ月ほど前には妊娠が発覚したのですが、結局、彼女は中絶することになりました。その後、D子はAとも親密な関係になったという話も出回りましたね」(同前)

 一方、文春オンラインが過去の暴力と金銭トラブルを報じた岩倉容疑者について、関係者はこう話す。

「岩倉は4、5年前に葛飾支店にやってきてアルバイトから社員になりました。森本とAが来るまでは大人しく、暴力事件を起こしたことがあるなんて知りませんでした。ただ、自分のことを語りたがらず、どこか秘密主義的なところも感じていました。そうした過去があるから、仕事場ではなるべく目立たないようにしていたのかもしれません。ただ葛飾支店長(当時)のEは岩倉のトラブルを知っていたようです」

 森本容疑者、A氏、岩倉容疑者について当時の葛飾支店長E氏に電話で問い合わせると「私から話すことは何もありません」という回答を何度も繰り返すのみだった。

 一方、アート社本社に事件現場にA氏が居合わせたのか事実確認を求めると「捜査中の事案に関係する内容ですので、事実関係についての回答は差し控えさせていただきます」と答えた。

 公私を超えて長時間一緒にいることが多くなりがちだというアート社の従業員たち。こうした閉鎖的な空間での生活が、事件が起きた遠因なのかもしれない。

◆◆◆

「文春オンライン」では、今回の事件について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式ツイッター」のDMまで情報をお寄せ下さい。

 メールアドレス:sbdigital@bunshun.co.jp

 文春くん公式ツイッター:https://twitter.com/bunshunho2386

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))