神戸どうぶつ王国(以下、神戸)で誕生したスナネコが、那須どうぶつ王国(以下、那須)へ引越しをした。理由は性成熟が近づき、きょうだい間の繁殖を避けるためだという。

今年の2月2日、那須では「ショジャー」「アルド」のオス2頭、「ナジュム」のメス1頭のあわせて3頭。神戸では2月19日に「シスイ」「ヤシュ」のオス2頭、「ロカ」「ジウ」のメス2頭のあわせて4頭が誕生した。

一見すると、順調に育ったように見えるかもしれない。けれどもそこには、赤ちゃんの生命力や母親の母性に支えられながら、飼育スタッフが見守り、繋いだ命の物語があった。

当初の引越しプランは那須には女の仔、神戸には男の仔と分ける予定だった。そこで那須のショジャーとアルドが神戸に引越し、シスイとヤシュに合流。そして神戸のロカとジウが、那須で待つナジュムに合流するプランで進んでいた。しかしその矢先、思いもよらないことが起こった。

9月24日の朝、ナジュムは生を全うし、天に召された。

「ナジュムは大人っぽい性格で気高い仔でした。私どもも育てていた仔を亡くしたのは初めてのことで、大きなショックを受けましたが、今後もスナネコの健康を守るため万全を尽くしていきます。

スナネコを好きになってくださった皆様は、いま深い悲しみのなかにいるかと思います。ナジュムを愛して下さって心から感謝いたします」と飼育スタッフの橋本渚さんはナジュムを偲び、ファンへの感謝を語った。

スナネコは砂漠地帯に暮らす野生動物だ。自然保護区や国立公園、動物園では、その生態系の保全や種の保存が行われる希少動物である。

国際的な飼育下での繁殖では、生後30日目までの死亡率が30%、さらに生後1年目までの死亡率は13%と、新生児の約半数が命を落とす。また生後48時間以内が最も死亡率が高いと報告されている。

スナネコの赤ちゃんは自らで体温を保つ力が弱い。ゆえに母親やきょうだいと体を寄せ合うことで、その体温を保っている。仮に赤ちゃんが母親やきょうだいと離れてしまうと、低体温に陥り命が危ぶまれる。

このようなケースによる自然死の割合は、野生下でも飼育下でもあまり差はない。とはいえ飼育下では人工哺育で回復する見込みが残されている。

那須では2年前、国内で初めて人工哺育に成功している。

実は2月2日に3つ仔が産声をあげたときも、生後間もなくアルドとナジュムの2頭は低体温になった。そのときの人工哺育法は、那須の保全チームにとっては初めての取り組みだった。

その方法とは、一時的に赤ちゃんを母親から離し介添えを行う。体調が回復すれば母親のもとへ戻し、引き続き育児をしてもらうというものである。

人工哺育は命を助けるための手段だがリスクが伴う。一度でも母親のもとから赤ちゃんが離れると、母親が自分の仔として認識しないことがある。そうなると母親のもとに戻したあと、育児放棄や赤ちゃんへの攻撃を引き起こしかねないのだ。

今回、母親のもとに戻す方法が選択された理由を「赤ちゃんは母親から生きる術を学ぶ。そのためには、できる限り母親に育ててほしい」と橋本さんは説明する。

そこで、これらのリスクを回避する作戦を練った。それは“人間が母親の匂いをまとう”策である。介添えで使用する手袋に巣材を擦り付け、母親の匂いがついた手袋をはめて介添えを行う。さらに、母親と離れている時間を短時間にするため、一刻も早い体調の回復を目指した。

この取り組みが成功した胸の内を、橋本さんは明かす。

「小さな体で懸命に生きようとする赤ちゃんの姿は、私たちに勇気を与えてくれました。介添えで回復したあと、母親のお腹の下に潜り込むアルドやナジュムを見て安堵したのと同時に、仔を受け入れてくれたジャミールの母性に救われました」

さて、那須でジャミールが3つ仔を出産した5日後の2月7日以降、神戸ではバリーの展示を急遽中止していた。その詳細は明かされておらず、ファンの間では健康面を心配する声があがっていた。

このとき神戸では、3度目にしてバリーにとって初めての複数頭の出産を控え、緊張感がピークに達していた。のちにこの出産では、国内初となる4頭のスナネコが誕生することになる(*)。

「那須の出産を受け、私たちも介添えの可能性が高まったと覚悟しました」と飼育スタッフの馬場瑞季さんは話し、神戸での2度の出産経験と那須の事例をもとに、緻密な出産準備が進められていたという。

スナネコの妊娠期間は59〜67日間とされるが、その67日目を迎えた2月19日に4つ仔の赤ちゃんが産声をあげた。

巣箱に設置したカメラのモニターを通して、その様子を見守っていた飼育スタッフたち。ついに国内初の4つ仔が誕生した喜びに包まれたが、次の瞬間には緊張が走った。なぜなら他の仔に比べ、ヤシュの体が小さく見えたからだ。

ところがヤシュは、小さいながらも生き生きとしていた。母親から離れてしまっても自力で近づくと、お腹の下に潜り込んで温まり、ミルクを飲みはじめた。母親のバリーもまた、初めての多頭育児とは思えないほど献身的に赤ちゃんの世話をして、その類まれな母性を発揮した。よって出産当日は母仔を見守ることにしたのだ。

次の日、心配していたヤシュの体重をはかると50gだった。これは飼育下の新生児平均体重およそ71gの70%だが、幸い健康状態には問題がみられなかった。とはいえ赤ちゃんはか弱く、予断を許さないことに変わりない。そこで1週間、母親に育児を委ねることになった。

その間、日を追うごとにヤシュの体重は増えていき、手放しとはいかないが、飼育スタッフの見守りを前提とした自然哺育が選択された。この方針の決め手は、ヤシュの生命力に加え、母親のバリーの育児力の高さも大きかったという。

そしてきょうだいと共に母親に育てられたヤシュは、11月21日に那須へ引越しをした。「命を預かる立場として無事に引越しを終えるまでは、ひとときも気を抜くことはできなかった」という馬場さんはこう続ける。

「これまで両園で生まれたスナネコは、埼玉県こども動物自然公園、長崎バイオパーク、ネオパークオキナワへと、種の普及啓発や種の保存を目的とした繁殖のためお引越しをしました。

移ったスナネコたちがいる動物園に行かれた来園者さんが『いまこんな感じだよ』と、その仔たちの様子を教えてくださいます。こうしてスナネコたちのことを、来園者さんとお話しすると心が温かくなります。皆様と同じように、私どもも巣立ったスナネコたちを見守っていきたいと思います」

母親のことが大好きなこどもと、愛情深くこどもを育てた母親。その守護者である飼育スタッフが紡いだ命の物語は、これからも続いていくことだろう。

※スナネコはとても繊細な野生動物です。見た目はかわいいですが、気性が荒くキバも鋭いです。ペットとして飼いたいと考えないでください。

(*)日本動物園水族館協会加盟園の中では国内初

 

取材・文・撮影:椙浦菖子(元臨床獣医療従事者)