戦争開始から8カ月半。戦場の墓碑銘に初めて日本人の名が刻まれた。遠く離れたウクライナに果てた28歳はどのような人生を送ってきたのか。

【写真12枚】「美しすぎる」と話題 米国で拘束されたのロシアの女スパイ【プーチンも絶賛】

「ウクライナに行ってたなんて知らなかった。まして亡くなったなんてびっくりですよ」

 と語るのは、故人となった義勇兵の知人男性である。

 その義勇兵が亡くなったのは、11月9日のこと。迫撃砲の破片が頭部に当たったため死亡したとの報道もあるが、詳しい状況はわかっていない。

 戦争当初、ウクライナ政府は世界に義勇兵の参戦を呼び掛け、日本人約70人が応じる意志を示した。後、ウクライナ政府はこれをやめ、日本政府も渡航禁止の措置を取った。「私戦予備・陰謀罪」に当たる可能性もあるが、それでも海を渡った兵は少なからずいると見られていた。

ウクライナ国防省のTwitterより

ミリタリー、エアガンが好きだった

 彼の名を仮に広岡明夫とすると、広岡氏は1994年生まれ。福岡県の出身で、幼少期を柳川市で過ごした。

「目立ちたがりでしたよ」

 とは、小学校の同級生だ。

「授業が終わった後、わざわざ先生の横でお笑いをやったりしてね」

 その頃、両親が離婚し、広岡氏は母親の下に引き取られたという。

「そんなこともあり一時は不登校でした」

 とは、また別の同級生。

「家にいる時間が長いでしょ。だからゲームをよくしていましたよ。よくやっていたのは『メタルギアソリッド』とか『バトルフィールド』。ミリタリー系の、小学生にはちょっと大人なゲームです。エアガンも好きで、河原に行ってゴーグルを付けて撃ち合ったこともあります。友達をミリタリーショップに誘うこともあったから、やっぱり戦闘系には興味があったんだと思う」

「真面目な先輩でした」

 地元中学、隣接市の高校を卒業後、陸上自衛隊に応募。長崎県の大村駐屯地の第4施設大隊に配属された。施設大隊とはいわゆる「工兵」に当たり、敵の陣地を破壊したり、進軍用の道路を敷設したりするのが主な任務だ。

 2年を過ごした後、陸自を辞めた広岡氏は、キャリアを生かし、地元の道路舗装会社に勤めたという。

「真面目な先輩でした」

 と振り返るのは、冒頭の知人。彼はこの会社での後輩に当たる。

「いつも一番に出社して仕事の準備をしていました。欠勤どころか遅刻も見たことがなかった。大型トラックが好きで、長距離に乗りたいと2年で会社を辞め、運送会社に転職しました。最後に連絡したのは去年の夏だったかな。お互いに好きなゲームの話で盛り上がって。独身で彼女もいなかったと思います」

「正義の実現」

 広岡氏のFacebookを見ると、トップページにサバイバルナイフの画像が映り、山中でほふく前進をしている本人らしき画像もアップされている。幼少時代からミリタリーへの憧憬は尽きず、その辺りがウクライナへ旅立った理由なのだろうか。

「日本人が義勇兵として戦場に入る場合、理由のほとんどは正義の実現です」

 と言うのは、義勇兵としてミャンマーでのカレン民族解放戦線などに参加した経験を持つ、軍事ジャーナリストの高部正樹氏である。

「亡くなった彼も、苦しめられている人を助けたいという思いでウクライナに入ったのでしょう。義勇兵の遺体は通常、自軍によって回収され、損傷が激しくなければ後方に送られて丁重に埋葬されたり、遺族に引き渡されたりします。今後、戦闘が長引くに連れ、同じような日本人戦死者が出てくる可能性はありますね」

「週刊新潮」2022年11月24日号 掲載