「当選から3か月で、5億5000万円使いました」スポーツくじBIGで6億円…高額当選者の大胆すぎる“お金の使い道” から続く

 スポーツくじ「BIG」で最高額6億円を引き当てたぽんぽんさん(仮名/30代会社員)。

【画像】ずらりと並ぶ「0」の数がすごい…6億円が入金された銀行通帳などを見る(全7枚)

 ある日突然、大金を手にしたことでお金や仕事、親しい人との関係はどのように変わったのか。誰もが一度は夢想する「宝くじが当たったら」の、その後の10年間を聞く。(全2回の2回目/最初から読む)


スポーツくじBIGで6億円を手にしたぽんぽんさん(仮名)。現在の残高は…? ©文藝春秋

◆◆◆

当選時は「年収400万くらい」のサラリーマン

――10年前にスポーツくじ「BIG」で6億円が当たるまでの暮らしぶりはどんなものでしたか。

ぽんぽんさん(以降、ぽんぽん) 当時年収は400万くらいの、普通のサラリーマンです。月に何回か都心の方に出て外食したり、ドライブで郊外の方に行って夜景を見るとか、贅沢というとそんな感じでしたね。

――ギャンブルはしましたか?

ぽんぽん いえ、スポーツくじだけです。自分で言うのもなんですけど、お金に対するリテラシーは昔からわりと高くて、家計簿も若いときからつけてました。

――6億円が当たってからも家計簿は継続して。

ぽんぽん はい。昔はエクセルでつけていましたが、今はオンラインのやつですね。男性の平均寿命から残りの人生であとどれくらい使えるかを算出し、それに則って生活しています。だいたい、住宅ローン含め毎月100万円以内で収めるような感じですね。

「お金が減ることにすごい痛みを感じる」

――そんなにきっちり管理されているんですね。6億円あったら散財したくなりそうですが。

ぽんぽん 六本木ヒルズに住んで銀座で豪遊、みたいなのは一度もしたいと思わなかったですね。お金が減ることにすごい痛みを感じるので、少なくとも当たった金額を維持したいんです。

 6億円って、お金持ちの中では全然小粒というか、大したことないんですよ。僕があと50年生きるとすると、一日で使えるお金って3万円ですから。

――いざお金を持ってみると上には上がいたと。

ぽんぽん プライベートバンクみたいな感じで銀行の担当者がついているんですけど、その人のお客さんは富裕層が多くて、紹介で会わせてもらった方は資産100億をお持ちの方でした。「なんだ、俺って全然大したことないじゃん」ってそこで気がついて、6億を金持ちだと思わなくなりましたね。

気になる「当選金の残高」は?

――前回、金融商品や高級宝飾時計、不動産などに投資された話をお聞きしました。6億円を維持したいということでしたけど、当選から10年経った今、残りはいくらになっていますか。

ぽんぽん だいたい6億5000万円です。今そのうちの3億円を現金にしちゃってますね。円安なので、ひたすら投資のタイミングをうかがっている状態です。

――努力によって当選金を維持されていることがわかったんですけど、お金への警戒心から深い人間関係が築きにくい、みたいなことはないですか。

ぽんぽん それはありますね。恋人もずっと作ってないですし、当然、結婚もしていません。言うても6億で、そんなにあるわけじゃない。いや、あるっちゃあるんですけど、すごいあるわけじゃないんです(笑)。

――6億円はお金持ちの世界では小粒、ということでしたもんね。ちなみに今日の夕飯は何を召し上がる予定ですか。

ぽんぽん 平日の夜は冷凍のお弁当です。テレワーク中で外食も面倒だし、ウーバーイーツは高いですから。

当選後もサラリーマンを続ける理由

――その庶民感覚がぽんぽんさんにはまだあるんですね。

ぽんぽん サラリーマンを続けているからでしょうね。うちの会社は決して年収が高いわけでもないので。それこそ当選直後は辞めようかとも思ったんですけど、健康な中年男が無職でいい生活を続けているって、かなり不審じゃないですか。親にも「身分証代わりだと思って勤めておけ」と言われたので会社勤めは続けています。

――しかも手元に6億円があるので「自分はいつでも会社を辞められる」という大きなアドバンテージがあるわけですよね。無謀なプロジェクトに挑戦するとか社長に啖呵を切るとか、働き方が変わったりしませんでしたか。

ぽんぽん もともと人の評価を気にするタイプなんで、「デキないヤツ」と思われるのは嫌なので手を抜いたりとかはないですね。いつでも辞められるという意味ではたしかに贅沢な環境だなと思います。

――「自分には6億あるから周りからどう思われても構わない」とはならないんですね。

ぽんぽん 自分でも真面目にやってるな、とは思いますけどね。あ、ただ、僕の生活に興味津々の人に聞くことはありますね。「僕、どのくらい持ってると思う?」って(笑)。

――万人にはできない質問ですね。

ぽんぽん みんな意外に精度が高くて、「5億ぐらい持ってるんでしょ」とかって言うんです。「そんな持ってないわ!」ってツッコミを入れるんですけどね(笑)。まあ、とにかく知人には明かさないでおいてます。

家族との関係性の変化は

――逆に、当選を知っている数少ない一員であるご家族との関係に変化はありましたか。

ぽんぽん 両親には家族カードのクレジットカードを渡して、月30万円くらい自由に使ってもらうようにしています。でも結局、両親も病院行くときにちょっと使うくらいで、ほとんど使ってないですね。

――家族・親族からたかられて大変、みたいなことはないんですね。

ぽんぽん ないですね。兄弟からお金の無心をされたこともありません。僕からは結婚や出産の度に100万円を渡したり、姪っ子の英語塾の月謝を出してあげているくらいですかね。

大塚家具で高級ベッドを買おうとして…

――お聞きしてると、ご自身の趣味やご褒美のためにあまりお金を使われていないような気がします。それこそタワマン住まいならインテリアにこだわったりとか?

ぽんぽん 80万円のソファを購入したことはありましたけど、それくらいですね。

――すっごい高いベッドとか、買いたくならないですか。

ぽんぽん ベッドは島忠です。

――大塚家具じゃないんですね。

ぽんぽん 大塚家具も行ったんですけど、置いてあったのがプロ野球選手が使うようなとんでもなく大きくて高いベッドで。一瞬買おうとしたけど、いや、違うなと思って。

――「いや、違うな」というのはどういうことですか?

ぽんぽん 身の丈に合ってないなって。自分が大金を得られたのは、才能や実力からじゃない。だとすれば、今後の会社員としての収入もそんなに多くはないとわかっているので、自分に見合ったものを買った、ということですね。

当選後のスポーツくじ購入事情

――今はもうスポーツくじは買ってないですか。

ぽんぽん 買ってます。全然当たってないですけど。

――毎回10口、3000円分を「おまかせBIG」で、という買い方は変わらず?

ぽんぽん そうですね、ずっと続けてますね。まあ、当てたいというより、恩返しみたいな感じですね。スポーツくじの収益って一部がスポーツ振興とかに回るらしいので。それこそ昔から「あしなが育英会」に寄付していたんで、それと同じ感覚です。

高額当せんから10年…今後の人生のプラン

――では最後に、将来の展望などあれば教えてください。

ぽんぽん お金を減らしたくない一方で、「DIE WITH ZERO」みたいな、一銭もお金を残さず死にたいと思っていて。そのために家計簿でコントロールしながら使いすぎず、かといって残すことなく、計画的に使っていきたいなと。

 展望というほどのあれじゃないんですけど、数年前にアパートを買いまして、将来的には不動産投資に注力したいと思っています。

――今後は大家さんとして生活されると。

ぽんぽん そうですね。親の名義で法人化して、ゆくゆくは自分が引き継げば無職でもないですし。毎年2000万ぐらい入ってくる物件だったので、収入も安定もするかなって。

――本当に計画的で。ぽんぽんさんなら100億円を手にしたとしても堅実な生活をすると思いますか?

ぽんぽん きっとそうだと思います。近所のちょっとおいしい焼肉屋に行く回数が増えるくらいじゃないかな。

 6億円といっても「600,000,000」というデジタルデータしかみたことがないから、もしかしたらいまだに実感が湧いていないのかもしれませんね(笑)。

写真撮影=原田達夫/文藝春秋

(小泉 なつみ)