ヘンリー王子とメーガン妃が、メタバース内に自分たちの世界を創造するため協議中だという。2人は「自分たちのメッセージを広める更に大きな能力」を提供するバーチャルランド「Meg-averse(メガヴァース)」を作るために、ハイテク企業のと協議を進めているそうだ。

【写真】ヘンリー王子と赤ちゃんのアーチー君を膝に置くメーガン妃

 2人に近い関係者はザ・ミラーにこう語っている。「ハリーとメーガンは、物理的な世界だけでなくバーチャルな世界でも存在感を示せば、自分たちのメッセージをより広めることができると信じています」「様々な専門家と話をしており、これが彼らのブランドを真にグローバルなものにするための次の段階だと考えているのです」

 Pax.Worldの創設者フランク・フィッツジェラルド氏は、2人に没入型の世界に関わる無限の可能性を秘めた「最高」の土地を提供、メーガン妃はメタバース上で自身のポッドキャスト『アーキタイプ』を放送し、ヘンリー王子はアバターとして自身のメンタルヘルスに関する講演を行うことが可能となる。

 フィッツジェラルド氏はこう語る。「私たちはハリーとメーガンにPax.worldの一等地を提供し、世界有数の建築家と協力し、それを基に新しい聴衆とつながる機会を提供します」「ビジネスやエンターテイメントの取引を追求し、自らを思想的リーダーとして位置づけ、慈善活動を進展させるためには、価値観を共にするプラットフォームと提携する必要があります」「メーガンがメタバースでポッドキャストを主催したり、ハリーが飛行機に乗らずに世界のリーダーたちと持続可能性に関する会議を主催したりすることを想像してみてください」

 さらにフィッツジェラルド氏は、「メタバースは、王室から離れて新しいページを開くハリーとメーガンがつながりたいと考える進歩的でテクノロジーに精通した企業家の聴衆のために作られています」と付け加えている。

(BANG Media International/よろず~ニュース)