今ワールドカップの日本代表メンバーから落選した大迫勇也

Jリーグ最終節終了後、バックアップメンバー入りを断ったことを明かした。

「バックアップメンバーに入って誰かの怪我を祈るなんてしたくない。選ばれた選手がやるべきだと思うし、僕は見る側として応援したい」などとその理由を説明している。

かつて鹿島アントラーズや日本代表でともにプレーした内田篤人がこの件に言及。DAZNのFOOTBALL TIMEでこう述べていた。

「(誰かが怪我をしないと)じゃなきゃ引っくり返らないし…。

まぁ大迫ぐらいの選手なら切り替えて試合に出てって思っていると思うので。

そんなに今は気にしてないと思いますよ。納得しているかは分からないけれど。

一回オフで体を休めて、来シーズンもありますから。大迫は大迫ですからね」

なお、日本代表団は世界最速となる7日に現地カタール入りしたそう。

【関連】日本代表、W杯メンバーながら本大会でプレーしなかった選手たち

そして、グループステージでは23日にドイツ、27日にコスタリカ、12月1日にスペインと戦う。