星野仙一氏に重宝された早川実氏、楽天スカウトとなって出会った則本

 1976年に投手として西濃運輸から中日に入団以来、ドラゴンズ一筋だった早川実氏は、2012年から楽天のスカウトになった。プロの世界では初めての移籍だったが、あの人に言われたら従うしかなかった。楽天・星野仙一監督から呼ばれた。何としても力にならなければならない。そう意気込んで臨んだ1年目に「ぜひとも欲しい」と思った選手に出会った。三重中京大の右腕・則本昂大投手だった。だが、彼を獲得するには大きな障害があった。

 ストレートに威力があり、空振り三振が取れるピッチャー。魅力いっぱいの則本だったが、すでに日本生命への就職が決まっていた。ただし、2位指名までならプロに行ってもいい、となっているとも早川氏は聞いた。楽天のスカウトたちにも「じゃあ、2位で指名すればいいんでしょ」と主張したところ「早川さん、2位でも指名してほしくない雰囲気ですよ」と返されたという。実際、どこの球団も二の足を踏んでいる様子があったそうだ。

 突破口は、則本がプロ志望届を出していること。その年の大学選手権などで結果を出したことで「本人はプロに興味があるみたいだし、親もその気持ちがないわけではない」との見立てもあった。だが、それでも日本生命の存在は大きかった。他のスカウトからも「もうパスしたほうがいいんじゃないですか」と言われた。「みんな、日本生命と喧嘩したくないっていうのがあった」という。

「使うとき、迷うと思いますよ」…星野監督に則本の魅力をPR

 その状況を踏まえて早川氏は、星野監督に相談した。「この子は面白いと思いますよ」と言ったら「何が面白いんや」と聞かれた。「おそらく抑えもできるし、球が速いから頭(先発)でもいける。監督は使うとき、迷うと思いますよ」と答えると「ホントか、それなら行けぇ!」となったという。「それも1位じゃなく2位で指名したからね。2位はウェーバーで、ウチは後ろの方だったけど、どこもそこまで指名しなかった。やはりどこも日本生命とのことを考えたんじゃないかな」。

 それでも入団にこぎつけると、則本は1年目から大活躍した。WBC帰りの田中将大の状態を考え、星野監督はいきなり開幕投手に指名。“表ローテーション”の柱として15勝8敗の成績を残した。「その年、楽天は日本一になり、田中マー君は24勝0敗。もちろんすごかったけど、則本がいたのは大きかったと思う」と早川氏は胸を張る。

 星野監督も「則本がいなかったら優勝できなかった」と話した。しかし、則本獲得を進言した早川氏に「おまえのおかげだ」なんて言葉は全くなかったし、振り返れば褒められたことは一度もなかったという。いろんなことを闘将に提案し、実現し、結果が出たこともあったのに……。衝撃的だった、あの夏の夜、いまだに破られていない大記録達成の裏にも早川氏の言葉があったし、2003年、星野阪神のあの出来事の裏にも……。(山口真司 / Shinji Yamaguchi)