贅沢はせず、“普通の生活”を送るだけでも案外お金はかかるもの。

「私は特別外食を頻繁にしなくてもまぁ生きていけて、インドア派なのでお金をかける趣味もあるほうではないですが、家賃や光熱費などを考えると日々息苦しさを感じます」

こう語るのは、派遣社員として働く30代後半の男性(埼玉県/サービス系/未婚/手取り20万円/年収250万円)だ。男性は「家賃が激安な部屋に住んでいるなら、なんとか貯蓄もできるのではあろうかと思うが」としつつ、

「激安で古くなく、それなりに住みやすいという部屋もあまりありませんので」

と書いている。やはり人間、いくら節約が必要でも“それなり”の生活を捨てることはなかなか難しい。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/94ZJP3D8

貯蓄ができるほどの余裕は一切ない

商社系(総合商社・素材・医薬品他)の会社で働く20代後半の男性(北海道/正社員/未婚)は年収およそ250万円。年収は前述の男性と変わらないが、手取りは17万2000円とゆとりはないらしく

「地方勤務のため生活はなんとかなっているが、急な出費が出ると食事や必需品の購入に困る。貯蓄ができるほどの余裕は一切ない」

と家計状況を明かした。ただでさえギリギリの生活にもかかわらず、さらには「奨学金返済が毎月3万円程度発生している」と男性。そのため自由に使えるお金は14万円程度になってしまう。男性は

「地方への異動がなければワープア状態だったと感じる」

と北海道勤務に救われたことを明かした。住む場所や急な出費に左右される生活は、さぞかし大変なことだろう。