日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に話を聞いた。

 ***

【写真を見る】香港では最近、日本のセクシー女優が逮捕された 出稼ぎ募集LINEには「1か月で400稼げる」

 勝丸氏は、かつて警視庁から外務省に出向し、アフリカのある日本大使館に警備担当の外交官として赴任したことがある。今回ご紹介するのは、その時に体験した逸話である。

「日本大使館では、新聞を6紙とっていました。エンタメ記事の多い新聞を読んでいたところ、『日本人女性と楽しめる』と書かれた風俗広告を発見しました」

※写真はイメージ

 そこには、電話番号とある地名だけが書いてあった。

「日本人女性が悪い連中に囲われ、強制的に売春をさせられているのではないかと心配になりました」

10人に1人がエイズ

 邦人保護の観点から、勝丸氏はその広告を手がかりに調査を開始した。

「当時、その国は性風俗が盛んで、成人の10人に1人がエイズに罹っているという統計もありました。性被害にあう女性も多く、私は現地にいる日本人女性には、もし被害にあっても泣いている暇はない。エイズに感染していないか、検査してくださいと言っていました。また、日本から赴任してくる男性には、買春行為などはやめて欲しいと注意していました」

『警視庁公安部外事課』(光文社)

 勝丸氏は、英語で公衆電話から新聞に載っていた番号に電話した。

「『俺は中国人だけど、日本人女性と遊びたい』と言うと、サービスの内容や料金を説明してくれました。女性との待ち合わせの場所を知らせるから、次は携帯電話から連絡してくれと言われました」

 そこで勝丸氏は、路上で格安で売られていた携帯電話を入手した。

「元警察官で日本大使館の警備をしていた現地の男性に入手した携帯電話を渡して、お客を装って欲しいと依頼しました。紹介された女性が日本人であるか確認し、日本人ではなかった場合は、『詐欺だ』などと言ったりしないでもらいたいとお願いしました」

 最終的に、女性が日本人かそうでないかわかった時点で、急用ができたと言って引き上げて欲しいと頼んだという。

「男性が電話をすると、待ち合わせ場所として首都の郊外にあるゲストハウスを指定されました。私も武装したガードマンを何人か連れて、後を追いました。料金は、日本円で1万円ほどで、ゲストハウスの入り口にいる男に4000円、女性に6000円支払ってくれと言われたそうです」

胴元は中国人

 ゲストハウスに着くと、車で送迎された女性が現れたという。

「私は、何かあった時にすぐに駆けつけられるよう近くに車をとめ、待機しました。ところが、女性は日本人ではありませんでした」

 男性が「あなた日本人じゃないでしょう。どこの国?」と聞くと、「タイ」と答えたという。

「彼は、日頃から日本人を見慣れていました。女性は日本語を話せなかったそうですし、日本人ではないとすぐにわかったそうです。結局、そのタイ人女性に金を払い、予定通り急用ができたと言って引き上げてもらいました」

 その後、勝丸氏はこの話を現地警察に通報した。

「警察はすぐに動きました。捜査を進めると、胴元は中国人であることがわかりました。ガサ入れして、パソコンや携帯を押収すると、利用者リストも出てきました。見ると、日本人の名前が2人、日本企業の社用携帯が2件あったのです。どうやら当時現地にいた4人の日本人がお客になっていたようです」

 勝丸氏は、警察が日本人を逮捕したら厄介なことになると思ったという。

「それとなく警察に聞いてみると、逮捕したのは胴元の中国人や電話の受付、ゲストハウスにいた男たちで、売春をした女性やお客からは事情を聞くだけ。いちいち逮捕していたら、留置所がいくつあっても足りないと言っていました。結局、日本人4人には、事情聴取もなかったそうです」

勝丸円覚
1990年代半ばに警視庁に入庁。2000年代初めに公安に配属されてから公安・外事畑を歩む。数年間外国の日本大使館にも勤務した経験を持ち数年前に退職。現在はセキュリティコンサルタントとして国内外で活躍中。「元公安警察 勝丸事務所のHP」https://katsumaru-office.tokyo/

デイリー新潮編集部