アミューズメント事業を展開する「シティコミュニケーションズ」(横浜市)の運営するインターネットカフェ「DiCE(ダイス)大森店」は、2022年11月5日〜11月末まで、15種類のソフトクリームを提供する。

「DiCE」は全国約20店舗を展開し、「ソフトクリームに本気すぎるインターネットカフェ」とうたっている。公式インスタグラムを見てみると、どの投稿もソフトクリームばかり...。

「最初からではなかった」

「15種類」の提供は、大森店の15周年を記念してのもの。人気ゲーム「Dead by Daylight」とのコラボソフト2種類や高級フレーバー5種類も用意される予定だという。

前述のインスタグラムでは、「映え」を意識したソフトクリームの写真や、ソフトクリームのコラボ情報、店舗ごとのその月に提供するソフトクリームの予告など、ソフトクリームと関係のない投稿は全く見られない。

また、季節やイベントごとにテーマに沿うソフトクリームフレーバーを用意している様子。トッピングやフレーバーシロップ、ソフトクリームと相性の良いコーヒーを提供するための専用サーバーを設置している店舗まであるという。さらに「コラボソフトクリーム」の実施や開発、店舗で提供するソフトクリームを決める「ソフ担」が各店にいる。

シティコミュニケーションズに取材した。広報担当者によると、この「ソフトクリーム推し」は「最初からではなかった」という。

提供するサービス全てで最高水準を目指している、その中で「ネットカフェなのに、ソフトクリームがおいしい」という客の声があったという。これを受けて「いいものを作らなければ...」と応えていくうちに、ソフトクリームに本気になっていたと話した。