台風22号(ナルガエ)発生 今後の進路に注意 今月4つ目の台風発生

2022/10/27 10:19 ウェザーニュース

10月27日(木)9時、フィリピンの東で発達中の熱帯低気圧が台風22号(ナルガエ)になりました。今月4つ目の台風発生です。

来週に入り、沖縄などに影響をもたらす可能性もあるため、今後の情報に注意してください。

▼台風22号 10月27日(木)9時
 中心位置   フィリピンの東
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     西 10 km/h
 中心気圧   998 hPa
 最大風速   18 m/s
 最大瞬間風速 25 m/s

まだ進路の予測幅が大きく、影響が変わる可能性

熱帯低気圧は台風になった後もしばらくは西寄りに進む予想となっています。海面水温の高い領域を進み、上空と海面付近の風速差も少ないことからこの先もしばらく発達する予想です。

台風の週末以降の進路はまだ予測の幅が大きく、世界各国の気象機関によるシミュレーションの予測を見ると、フィリピンを通過して南シナ海に入ってから北寄りに進路を変えるものと、フィリピンの手前で進路を北寄りに変えるもの、南シナ海を西進するものなどがあります。

フィリピンの手前で転向して北上する場合は、来週には沖縄方面に近づく可能性も捨てきれません。フィリピンを通過して南シナ海に入ってから北寄りに進路を変えた場合でも、暖かく湿った空気が沖縄方面に流れ込み、雨雲が発達する懸念があります。

台風の今後の進路や発達具合によって、影響が大きく変わってくるため、最新の情報をこまめにご確認ください。

10月もまだ発生数が多い

10月前半は台風の発生は落ち着いていましたが、後半に入り一気に台風が発生し、今月4つ目の台風発生となりました。

10月の台風発生数の平年値は3.4個ですので、台風シーズンはまだ続いています。11月に近づくにつれて本州付近に影響を及ぼす台風は少なくなる傾向ですが、まだ油断はできません。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風22号の名前「ナルガエ(Nalgae)」は北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が提案した名称で「つばさ」を意味する言葉からとられています。