小田急小田原線で「追いかけっこ」を繰り広げた後、車両基地で並んだ赤い1000形とロマンスカーVSE(記者撮影)

鉄道各社が貸し切り列車のツアーに力を入れている。小田急電鉄は車両だけでなく、複々線を最大限に活用した“レア企画”で他社に差を付ける。9月下旬の3連休には「夢の紅白追いかけっこリレー!」と題した特別企画を実施した。いったいどんなツアーだったのか。

赤い1000形とVSEが共演

紅白の「紅」は箱根登山線(小田原―箱根湯本間)で活躍した「赤い1000形」、一方の「白」は2022年3月に定期運行から退いたロマンスカーVSE(50000形)。箱根観光で親しまれていた両者の共演を再現した。

新宿から小田原まで行程の詳細を明かさないミステリーツアーで、参加費は乗車のみの「ライト行路」が1万900円、車両基地での撮影会をプラスした「がっつり行路」が昼食付きで1万3900円。途中駅で互いに列車を乗り換えるため、赤い1000形とVSE、両方の乗車を楽しめるようになっている。各日計220人を募集した。

ツアー当日朝、参加者は新宿駅に集合。ライト行路は小さな子供の姿が目立ったが、がっつり行路は中学生以上限定のため思い入れが強いファンが多い印象で、双方合わせて幅広い客層が参加した。まず、赤い1000形が特急ロマンスカーが発着するホームから出発、その後しばらくしてVSEが地下のホームから発車した。


新宿駅の普段ロマンスカーが発着するホームに入った赤い1000形。4両編成で同駅に入線するのは初めてだ(記者撮影)

小田急小田原線は東北沢―和泉多摩川間の複々線化が完成したことに伴い、2018年3月から同区間を含む代々木上原―登戸間(11.7 km)の複々線を全面使用したダイヤで運行している。ツアーでは同じ方向に2本の列車を走らせられるメリットを生かした。

赤い1000形が走るのは各駅停車が走る緩行線だが、駅をどんどん通過していく。最初の見せ場は発車から20分を過ぎたころの喜多見駅付近。隣の急行線にミュージックホーンを鳴らしながらVSEが追いつき、微妙なスピード調整をしながら両列車が横並びで走行すると車内に歓声が上がった。


複々線区間でVSEが赤い1000形に追いつき並走した(記者撮影)

登戸駅にはVSEが先着。遅れて駅手前で急行線に移った赤い1000形が入線した。その先の区間では、向ヶ丘遊園、新百合ヶ丘などの駅で、片方が退避する横をもう片方が通過して順番が入れ替わった。途中のトンネル内では赤い1000形の車内照明を消灯させて真っ暗にする、といった特別行路ならではのファンサービスも用意されていた。

小田原まで抜きつ抜かれつ

新宿駅を出発して約1時間後、相武台前駅でホームを挟んで双方が停車。がっつり行路の参加者がVSEへ、ライト行路の参加者が赤い1000形へと列車を乗り換えた。その後は再び、小田原まで追いかけっこを繰り広げた。途中、VSEは秦野、赤い1000形は本厚木から新宿方面へ引き返し、相武台前の留置線に入って並んで休む、という場面もあった。

ライト行路は終点の小田原で下車して解散。一方、がっつり行路の参加者は海老名まで戻り、車両基地内で紅白の編成が並んだシーンの撮影会に臨んだ。普段立ち入れない場所での撮影を思う存分に堪能したようだった。


追いかけっこの途中、相武台前駅で並ぶVSEと赤い1000形(記者撮影)


海老名の車両基地ではレアな並びの撮影会も(記者撮影)

VSEは2005年にデビューした特急車両で、ロマンスカー伝統の展望席や連接台車を備え、流れるようなフォルムが特徴。2022年3月11日に定期ダイヤでの運用を終了しており、2023年秋の引退までイベント列車などで運用する予定だ。5月にはVSE2編成による「追いかけっこリレー」のツアーを催行した。

一方、1000形は1988年に登場した通勤車両。このうち赤い1000形は、車体色を小田原―箱根湯本間向けに箱根登山電車をイメージしたカラーに変更した編成だった。一時は4本が活躍していたが、最近では今回のツアーで使用した1058編成が最後の1本となっていた。電磁直通ブレーキと幕式行き先表示を用いた同社で最後の車両でもあった。このツアーで花道を飾り、ほどなくしてひっそり引退した。

小田急の担当者、観光事業開発部の曽我純司さんは「当社の長い複々線区間の特徴を生かし、追いかけっこができれば面白いのではないかと企画した」と説明する。

社内のモチベーションアップのメリットもありそうだ。曽我さんは「ダイヤを作成する社員も楽しみながらアイデアを提案してくれて、ほかの列車に影響を与えないようにスジを引くのが腕の見せどころと言えた。いろいろ大変な部分があるが、お客さまの笑顔を見ると、今後のやりがいにつながる」と話していた。

手を振るクセが付いた?

今回のツアーでは駅を通過する際に運転士が警笛を大きく鳴らす場面が何度もあった。ホームから撮影している人たちの一部に危険な行動があったとみられる。

一方、ツアー参加者が、「撮り鉄」を含めた沿線の見物客と手を振り合う、観光路線のような平和的な光景もみられた。初めは恥ずかしがっていた人でも、追いかけっこの間ずっと相手の列車や沿線に手を振っていため、営業列車から乗客がいない回送列車、事業用車両に至るまで「列車を見ると手を振る」というクセが身に付いてしまったようだった。

レア体験ができる企画では、ツアー参加者だけでなく、大勢の鉄道ファンが駅や沿線に集まってくる。駅員による安全教室を受講したうえで撮影してもらうなどのコミュニケーションを深める機会にできれば、一般の利用者にもっと受け入れられていくのではないだろうか。


「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

(橋村 季真 : 東洋経済 記者)