9月30日から10月9日での10日間、中国の成都で開かれた2022年世界卓球選手権 (団体戦)は、男女ともに中国の優勝で幕を閉じた。中国は男子部史上初の10連覇、女子部は5連覇を達成した。

【写真】「カットの魔術師」と呼ばれる韓国の美女卓球選手とは?

特に男子部決勝では欧州最強のドイツを3-0で撃破。中国男子の強さを見せつけた。

しかし、中国は準決勝で日本に大苦戦した。かろうじて3-2で勝ったが、ひとりの日本人選手に手を焼いた。

世界ランキング4位の張本智和だ。張本は世界ランク11位の王秋珍を3-1で下したのに続き、世界ランク1位の樊振東とも接戦の末、3-2で勝利した。

「日本が男子部では中国と対等な試合を、女子部でも準優勝した」と絶賛

日本は中国に負けたが、張本は負けなかった。
 

一方、チュ・セヒョク監督率いる韓国男子が銅メダルを獲得し善戦した。しかし、世界2位のドイツとの準決勝では2-3で惜敗し、決勝には進めなかった。

女子部では、中国が決勝で日本を3-0で下して健在ぶりを披露した。

その一方でオ・グァンホン監督率いる韓国女子は、グループリーグでルクセンブルク、シンガポールに敗れ、1勝2敗3位で終えた後、辛うじてベスト16入り。決勝トーナメント1回戦では日本に0-3の完敗を喫し、ベスト8入りを果たせなかった。 

韓国女子は、中国の帰化選手に依存してきた方式から脱し、キム・ナヨンなど有望株を一日も早く国際競争力のある選手に育てなければならない課題を抱えることになった。

(写真=OSEN)張本智和

今大会を中継した韓国『SPOTV』のソ・ボングク解説委員は「スピードを前面に出した日本が男子部では中国と対等な試合を、女子部でも準優勝した。韓国男子は事実上1・5軍だったドイツに敗れ、残念な気持ちがさらに大きい。また、ベスト16敗退という惨事を起こした韓国女子はアジアでもすでに2流に転落した現住所を見せただけに、2024年にプサンで開催予定の次の選手権に向けて全面再整備が必須だ」と指摘した。