【AFP=時事】ケニア南部カジアド(Kajiado)郡キマナ(Kimana)保護区などを含むアンボセリ生態系(Greater Amboseli ecosystem)では、キリンやシマウマなど、多くの動物が干ばつで餓死している。

 今年に入ってから降水量が通常の15%しかない地域もあり、餓死する動物はさらに増えるとみられている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
5度の密猟生き延びたゾウ死ぬ 干ばつの影響も ケニア
ケニアの野生動物版「国勢調査」 密猟取り締まり奏功を裏付け
密猟ではなくアボカド…ケニアのゾウに新たな脅威